Darumaの意見

コロナショックで毎月の収入が激減。家計が崩壊しないように対策を練ろう

コロナウイルスによって世界経済は大きな打撃を受けていますね。

この記事を書いている3月21日時点での状況ですが主要株価指数は以下のように下落しています。

  • 日経平均:約24000円→約16500円へ
  • NYダウ:約30000ドル→約19000ドルへ

アジア開発銀行は、新型コロナウイルスによる世界全体の経済損失を最大3470億ドルと予測し、世界全体のGDPを最大0.4%幅押し下げるとの試算を発表しました。

アメリカのトランプ大統領は記者会見で「自分は戦時の大統領だと思っている。戦争には打ち勝たなければならない」と語りました。

ドイツのメルケル首相も新型コロナウイルスの流行によってドイツは「第2次世界大戦以来最大の問題に直面している」と語りました。

世界中で厳戒体制が敷かれており、人々は今までのように自由な経済活動を行えない状態となっています。

自分達の生命を守るためには行動が制限されるのも仕方がないと思います。

しかしそのことで生じる痛み、デメリットも受けなければいけません。それは近い将来、私達の収入に反映されてくることでしょう。

そのときに経済によって生命が脅かされることがないように、今のうちから準備しておきましょう。この記事ではそのための方法について書いていきます。

今後の収入が減る可能性を考えなければいけない

今後はほとんどの人の収入が減ることは間違いありません。

すでに収入が途絶え苦しんでいる人もいることでしょう。

例えば夫が会社員、妻がパートという形態で生計を立てていた場合、妻のパート収入は計算できなくなっているはずです。

現在は大きな影響を受けていない人も、会社が深刻なダメージを受け存続できなくなれば収入が途絶えるかもしれません。

カナダ・モントリオールを拠点に活動するエンターテインメント集団「シルク・ドゥ・ソレイユ(Cirque du Soleil)」は19日、新型コロナウイルスの感染拡大により世界各地で行われる予定だった44公演が中止となったことを受け、全スタッフの95%に当たる4679人を一時的に解雇すると発表した。

シルク・ドゥ・ソレイユ、スタッフ95%を一時解雇 新型コロナで打撃

中国の民間企業の間で、賃金の引き下げや給与の遅配、従業員への支払いの完全な停止が増えている。新型コロナウイルスによる経済的打撃で人件費を賄えなくなっているのが理由だ。

従業員に給与払えず、新型肺炎で追い込まれる中国の民間企業

新型コロナウイルスの感染拡大で、個人事業主の収入が激減している。会社員には休業手当があり、政府は小学校の臨時休校に伴う親の給与も補償する。ところが、個人事業主には一律の所得補償はなく、子どもの世話で休んだ場合も補償される所得は会社員の半額以下にとどまる見通しだ。

<新型コロナ>個人事業主 収入激減 自粛・休校直撃 悲鳴

衝撃的な記事の連続ですが、これが現実です。

企業の業績は悪影響したときに起こるのはリストラや派遣切りです。コロナウイルスによる経済の減退が我々にもたらす影響は計り知れないくらい大きいのです。

この未曾有の状況に、何の対策も講じなければ生活が困窮するかもしれません。

誰かが助けてくれる…きっと政府が…そういった期待もあるかもしれませんが、おそらく助けてもらえないでしょう。

なぜなら、ほぼ全ての人が困窮するからです。

ではどのようにしてコロナショックによる経済的な打撃を乗り越えればいいのか。

以下にそのアイディアを書いていきます。

コロナショックによって家計が崩壊しないための対策

可能な限り、以下に書いてあることをすぐに実行することをおすすめします。

僕はすでに始めています。1年後以内に起こるであろう収入減に備えて。

支出の見直して節約しよう:コストカット

会社でも同じことだと思うのですが、経営に行き詰まったらまずコストカットを行います。同じことを家計でも行わなければいけません。

企業がリストラや派遣切りを行うように、家計でも毎月の支出を見直したいです。余計な支出は抑えることで、可能な限りの資金を確保しましょう。

固定費の見直し

まず行いたいのは固定費の見直しです。

削減したい固定費は以下のとおり。

  1. 通信費
  2. 保険代
  3. 住宅費
  4. 車両費

これらは四大固定費と呼ばれ、一度見直しを行うだけで長期間に渡り大きな効果を得られ、その金額は生涯で数百万円〜数千万円と言われています。

例えば通信費をキャリア携帯からSIMフリー携帯にするだけで「毎月6500円くらい」の節約となります。毎月6500円なので、1年で7万8000円の節約ですね。

さらに四人家族だったとしたら年間31万2000円。10年間で約312万円です。

保険代も「その保険は本当に必要なのか?」「もっと安くて条件の良い保険はあるのか?」をしっかりと考えれば節約することができます。

なんとなく加入している保険があれば見直しを検討したほうがいいですよ。通信費以上の効果があるかもしれません。

住んでいる地域にもよりますが、公共交通手段が発達しているのであれば、車を手放すのもいいかもしれません。

車所有でかかる必要経費。年間費用はいくら?生涯の総額は?車検に行ってきました。高い…車検代が凄く高かった…。 どれくらい高かったって?総額で約23万円…。高いですね…。車検代に関わらず、...

節約といえば、スーパーでチラシをみて安いものを探したり…というのをイメージするかもしれませんが、個人的には効果が薄いと思っています。

それよりも固定費の見直しを行なったほうが効果抜群です。

以上が主な固定費ですが、見直せるものは確実に手をつけてください。

複数の収入源を確保しよう

可能な限り、複数の収入源を確保しましょう。

1つ1つの収入は少なくても、複数の収入源があればカバーできる確率が高くなります。

例えば、現在夫婦どちらかしか働いていなければ、もう一人も働き収入源を増やしましょう。パートがなくなった…外出できない…そんなときは在宅ワークで稼ぎましょう。

会社員で副業を行なっていなかった人は、これを機に副業を始めたいです。

幸いなことにコロナ対策で在宅ワークの時間も増えているはずです。本来であれば通勤などに使っていた時間で、もう一つの収入源を確保するための活動に使いましょう。

以下におすすめの副業を書いておきます。

おすすめの副業

コロナウイルスによる収入源を乗り切るためにおすすめしたい副業を紹介します。

楽天ポイントせどり

まず紹介したいのが「楽天ポイントせどり」です。

せどりとは同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。また、それを業とする人を指します。

一般的には古本用語を元にした「掘り出し物を第三者に販売して利ざやを稼ぐ」商行為を指す言葉です。

楽天ポイントせどりは、購入時に楽天ポイントを大量にゲットできるシステムを利用して利ざやを稼ぐせどり方法です。

例えば1万円の商品を購入したときに、約40%のポイントを得ることができれば、実質的に6000円で商品を購入したことと同じになります。

その6000円で得た商品を転売して1万円で売却することができれば4000円の利益を得られることになります。

この楽天ポイントせどりは再現性が高く、非常に稼ぎやすいことで有名です。

気になる人は以下の動画を参考にすると良いでしょう。

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは何なのかを簡単にいうと、「登録者」と「企業」とをマッチングする「仕事依頼サイト」です。

クラウドソーシングのサイトに登録すると、様々な企業が仕事を依頼しているのをチェックすることができます。

内容は「アンケート」や「ライディング」といったものから、「翻訳」「デザイン制作」「システム開発」など様々です。

登録者は依頼されている仕事の中から「自分にできそう」なものを選び応募します。契約が成立し、仕事を終えれば「報酬を得る」ことができます。

クラウドソーシングサイトの大手は「クラウドワークス」が有名です。

登録は無料ですので、自身のアカウントを作成し、どんな仕事が依頼されているがチェックしてみてはいかがでしょうか。

ブログアフィリエイト

もう一つのおすすめ副業はブログ・アフィリエイトです。

ブログ・アフィリエイトとは「ブログ・サイトで広告主の商品やサービスを紹介することで報酬(広告収入)を得る」という方法です。

例えばこの記事の最後に広告を張っていますが、読者であるユーザーが貼られている広告に対してアクションを起こしたときに報酬が発生します。

この方法のデメリットは「すぐにお金になるわけではない」ということです。

僕はこのサイトとは別にアフィリエイトサイトを作っているけど、半年ほど全く収益を出しませんでした。

ただ軌道に乗るとビックリするくらい稼ぐこともあります。

僕は当ブログ以外に2サイト運営していて、ここ数ヶ月はほとんど手を加えていませんが安定して収益をもたらしてくれています。

今後も収入が発生し続けるという保証はありませんが、軌道にさせ乗ることができれば「プチ不労所得」のような感覚を得ることができます。

労働しなければお金を得ることができないアルバイトとは違い、コンテンツなどが評価されているうちは働かなくても収入を得られるのが利点です。

どうしても今すぐに資金が必要な場合

どうしても「今すぐに資金が必要」という人は「セルフバック」という方法があります。1回で10万円くらいは稼ぐことができるのではないでしょうか。

ただこの方法は1回しか使えないので、安定して稼ぐことはできません。

セルフバックの方法

※画像はA8.netより

セルフバックはA8.netなどのASPサイトに登録を行い、そこで紹介されている商品を自分で購入することで報酬を得ることができるシステムです。

例えばクレジットカードの発行で、高額なものだと7000~8000円の報酬をもらえます。

他にもFX口座を開設するなどで20000円を得られるものもあります。

セルフバックを利用して、もともと購入予定だった商品などをA8.netで探して購入すると、節約の効果もあります。

基本的には1回しか大きく稼ぐことができない方法ですが、即効性がありおすすめです。

どうしても今すぐ資金が必要な人は行なってみるといいでしょう。

登録はこちら→A8.netの公式ページ

今すぐ家計を崩壊させない対策を練ろう

コロナウイルスによって世界中で厳戒体制が敷かれており、人々は今までのように自由な経済活動を行えない状態となっています。

今後コロナショックによる経済的な打撃は我々の家計を直撃することでしょう。

そのときに経済によって生命が脅かされることがないように、今のうちから準備しておくことが大切です。

今のうちに「節約」を行い、「複数の収入源を確保」することで、コロナショックによる経済的な打撃を乗り切りたいですね。