-->  

ICO Bankera(BNK)

【簡単解説】Bankera(BNK)は仮想通貨時代のデジタルバンク構築を目指す

投稿日:2018年1月7日 更新日:

どうもオキナカです。

今日は僕が10万円ほど投資したBankeraのBNKについて簡単に解説したいと思います。

個人的にはBankeraのBNKは有望だと思っているんですよね。

スポンサーリンク


BankeraのBNKとは?

BankeraのBNKは、海外の仮想通貨販売所であるSpectroCoinが管理運営しているトークンです。

Bankeraは「仮想通貨時代の銀行」を目指していて、主な概要は以下のとおりです。

Bankerは、ブロックチェーン時代に向けてデジタルバンクを構築しています。従来の銀行として、Bankeraのサービスは3つのグループに分類されます。

支払い:個人IBANでのお支払い口座、デビットカード、銀行間外国為替レートと決済処理を含みます。すべてのサービスは、Bitcoin、Ethereum、DASH、NEM、ERC20準拠のトークンなどの従来の金額通貨とcryptocurrenciesの両方をサポートします。長期的には、Bankeraは、GDP連動通貨や為替ファンドを資金の代わりに使用するなどの革新的なソリューションを実施します。

ローンと預金:Bankeraの主要な競争力とコアサービスとなるでしょう。現在の預金は貯蓄と同じように利息を受け取る。すべてのBankeraクライアントは、支払い処理ソリューションを使用するビジネスクライアントにほとんどのローンが提供されるため、借り手のキャッシュフローに関する専有情報により、高い金利の恩恵を受けることができます。

投資:エクスポージャードファンド(ETF)、暗号基金(様々な暗号化された通貨と暗号トークンのポートフォリオ)などの低コストの投資商品と、ウェルスマネジメントのためのロボディビジョンソリューションで構成されます。最終的に、Bankeraは、ビジネスクライアントの企業戦略の資金調達を含む投資銀行サービスを提供します。

僕がBankeraのBNKを気に入っている最大の理由は「利息を受け取れる」というところですね。

仮想通貨は「それ自体が資産を生み出さない」ものがほとんどなので、通貨自体の値上がりを期待することでしか儲けを期待することができません。

しかしBankeraのBNKは、保持しているBNKの数に応じて「利息を受け取れる」ことができます。

ちなみにどれくらいの利息を受け取れるのか?というと…

バンカー(BNK)トークンの各保有者は毎週支払われる紹介手数料を受け取る権利があります。これはBankeraおよびSpectroCoin純取引収益20%で構成されます。

BankeraおよびSpectroCoinの純利益の20%を、BNKの保有数に応じて「毎週」受け取れるということです。

これは「面白そう」じゃないですか?

BNKへ投資して1週間…さっそくイーサリアムで配当をもらうことができました。塵も積もれば山となる…これからが楽しみです。

配当型トークンBankera(BNK)からの初配当をイーサリアムで受け取りました

どうもオキナカです。 以前「配当型トークン」であるBankeraのBNKに10万円ほど投資したことを記事にしましたが、そのBankeraから初配当が支払われました。 ということで、どれくらいの配当を得 ...

続きを見る

Bankeraのロードマップ

BNKの保有数に応じて「利息がもらえる」というのは面白いのですが、BankeraのBNKはまだICOの段階なんですね。

ICOは資金調達をしたい企業や事業プロジェクトが、独自の仮想通貨を発行販売し資金を調達する手段のことです。

どういうことかというと…まだプロジェクトのために資金集めをしている段階だということです。

Bankeraによると以下の段階でプロジェクトが進んでいくようです。

⑴ITインフラストラクチャの開発(完了済み)

支払い処理を容易にし、個人向けIBANおよび支払いカードを発行するために必要なITインフラストラクチャはすでに開発されており、SpectroCoinの形態で最小限の実行可能な製品(MVP)として利用可能です。現在、SpectroCoinは633,200のクライアントを持ち、すでに65,000枚のカードを発行しています。

⑵pre-ICO(完了済み)

トークンの10%は、ICOの価格を決定するために配布されています。総額25億ユーロのBNKトークンが25百万ユーロで売却され、これまでで最大のプレICOの1つになっています。以上の16,000の貢献者は、事前にICOに参加してきました。

⑶通話機能(完了済み)

完全なP2P転送、モバイルウォレットのサポート、カード方式や送金ネットワークなどの主要な決済ネットワークのメンバーシップアプリケーションの開始。

⑷ICO(現在はココ)

トークンの30%が資本問題を解決するために配布され、ブロックチェーン時代に成功した銀行を築くことができます。

⑸交換の開始(2018年の前半)

主要な暗号化通貨、ERC20およびNEMモザイクトークンをサポートするBankeraの交換のライブバージョンの開始。

⑹バンキング機能(2019年のはじめ)

ICO後、銀行ライセンスが取得されます。これにより、私たちは融資や預金サービスを提供することができます。

⑺投資ソリューション(2019年の後半)

取引所ファンド(ETF)、暗号化トークン・ファンド、ロボ・アドバイスなどの低コスト投資ソリューションに関連するサービスの開始。

⑻新しいお金の種類(2020年)

投資商品と支払い商品との相乗効果により、経済成長に連動した通貨や交換媒体としてのETFの使用など、新しいタイプのお金が提供されます。

現在は⑶の段階で、ICOで資金調達を行っているところです。

このロードマップはあくまでも予定なので、もしかしたら進行が遅れるかもしれないし、何らかの障害によってプロジェクトが進まないかもしれないし、詐欺の可能性もあるかもしれません。

それにいろんなものが完成するのは2020年。まだまだ先の話です。

だからすぐに儲けられるってわけじゃないんですね。

なぜBankeraのBNKを購入したのか

まだまだICO状態で「どうなるかわからない」BKNを購入したのか…。

その理由は以下のとおり。

⑴プロジェクトが面白い。流行ると思うから

⑵利息が魅力的

⑶お金持ちになるためにはリスクが必要

⑷プロジェクトに関わっている人の存在

⑸SpectroCoinの存在

⑴プロジェクトが面白い。流行ると思うから

仮想通貨が流行れば流行るほど「インフラ」って整っていくと思うんですよね。そうなるとBankeraのようなプロジェクトって必ず必要になってくるはず。

⑵利息が魅力的

仮想通貨は「それ自体が資産を生み出さない」ものがほとんどなので、通貨自体の値上がりを期待することでしか儲けを期待することができません。

しかしBankeraのBNKは、保持しているBNKの数に応じて「利息を受け取れる」ことができます。

仮想通貨で「利息生活」なんて夢がありませんか?

配当型トークンBankera(BNK)からの初配当をイーサリアムで受け取りました

どうもオキナカです。 以前「配当型トークン」であるBankeraのBNKに10万円ほど投資したことを記事にしましたが、そのBankeraから初配当が支払われました。 ということで、どれくらいの配当を得 ...

続きを見る

⑶お金持ちになるためにはリスクが必要

お金持ちにあるためにはリスクが必要です。地味にコツコツなんて言ってもお金持ちになる頃には高齢になってしまいます。

ICO段階なので「どうなるかわからない」ですが、ICO段階だからこそ「格安の値段」でBNKを手に入れることができます。

リスクは高いですが、だからこそ「投機する意味がある」と思います。だってリスクを取らずして「お金持ちになる」なんてことありえますか?

誰もが尻込みをしているときに勇気を持って進むから「先行者優位」を発揮できるのです。

 

⑷プロジェクトに関わっている人の存在

こんなオイシイ話には裏がある。もしかしたら詐欺じゃないか?とも思いましたが、関わっている人が僕的には信用できる人だったので少し安心しています。

その関わっている人とは…「ロン・ウォン」…NEMのブロックチェーンプロジェクトを率いている人ですね。この人がアドバイザーとして関わっているようなので「信用」が増しました。

あとはアメリカ最大の経済金融通信企業である「Bloomberg(ブルームバーグ)」に取り上げられたということも「信用」をする要因となりました。

⑸SpectroCoinの存在

バンクエラは、SpectroCoin(スペクトロコイン)という仮想通貨販売所を運営しています。

このスペクトロコインでは、すでに仮想通貨取引、e-wallet(電子マネー口座)、デビットカードの発行、決済代行サービスといった運営に成功しています。

全くのゼロからのスタートではないということです。

すでに取引所を持っているというのは強みですよ。仮想通貨を交換できないというリスクは軽減されますよね。

BNKの購入方法

以上が「僕がBNKを購入した理由」です。今は10万円ほどしか購入していませんが、ICOが終了するまでにあと数十万円は買い増したいと思っています。

もし自分も「BNKを購入したい」と思った方は以下の方法で買うことができますよ。

ICOの期間は2月で終わるようなので早めにどうぞ。

SpectroCoinへ登録

Zaifcoincheckなどの国内取引所でBTC・ETH・XEM・DASHのどれかを購入

⑶SpectroCoinへ購入したコインを送金

⑷送金されたコインでBNKを購入

任意のメールアドレスとパスワードを入力し「申し込み」を行うとメールが届くのでリンクをクリックすると登録できます。

BNKはBTC・ETH・XEM・DASHでの購入となるので、Zaifcoincheckなどの国内取引所でBTC・ETH・XEM・DASHのどれかを購入し、SpectroCoinへ購入したコインを送金しましょう。

SpectroCoinへログインし「ウォレット」を開き「BNK(詳細を見る)」をクリックすると、「買う」というリンクがあるのでクリックしてください。

ここで「両替するアカウント」を送金したコインに指定。「お受け取りアカウント」をBNKに指定しましょう。

最後は「送信する」をクリックすれば購入が完了です。

まだまだICOの段階で、今後プロジェクトが成功するかは不明ですが、もし自分もBNKへ投資してみたいと思うのであれば購入してみてはいかがでしょうか。

▼XEM送金時はセルフGOXに注意▼

【初セルフGOX】xemが送金できなかった理由はメッセージの入力忘れ

新年早々やってしまいました。初GOXです…。(GOXとは仮想通貨を「消失」してしまうこと) IOCトークンであるBankEraのbnkを購入するためにZaifからSpectoroCoinへxemを送金 ...

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

オキナカ

三足のわらじを履いて奮闘中(個人事業主・投資家・ブロガー)/株と仮想通貨で資産運用/本業収入の約20%をインデックス投資信託へ・副業収入の一部は仮想通貨へ投入/収入を最大化し、稼いだ資金を投資する/お金持ちになるためにリスクをとる

-ICO, Bankera(BNK)

Copyright© GROW RICH , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.