お金の話

働かなくても安定した継続収入(不労所得)を得るために実践していること

どうもオキナカです。

僕は10年後までには「働かなくても安定した継続収入を得られる」ようになりたいと思っています。

目標は月に20万円〜30万円ですね。で、そのために「毎月の給料の一部」を「株や外貨へ投資」して、資産をストックしています。

そしていずれは「勤労所得」ではなく「ポートフォリオ所得」を得ることで、働かなくても安定した継続収入を得られるようになりたいと考えているんですね。

【勤労所得とは】

勤労からの所得。サラリーマンが会社から得る給与所得などのこと

【ポートフォリオ所得とは】

株式・債券・投資信託などの金融資産からの所得のこと

ということで、実践していることや戦略なんかを書いていきたいと思います。

不労所得を得るための投資先

不労所得を得るための投資先は以下のとおりです。

  • 投資信託
  • 仮想通貨(BNK)
  • トルコリラ

この3つに投資しているのですが、もう少し具体的に紹介したいと思います。

投資信託

投資信託は複数の商品に投資しています。主な投資先は以下のとおり。

※商品の詳細はリンクをクリックすれば公式サイトへと移動できるのでそちらを参考にしてください。

これらの商品を毎月積立で購入しています。購入するときに気をつけていることを記事にしているので、よろしければ読んでください。

あわせて読みたい
投資信託の積立は手数料無料のノーロードがポイント。良心ある証券会社を探せどうもオキナカです。 僕は労働者からの脱却を目指してコツコツと投資信託で積立投資を行っているのですが、その際に注意しているのはコス...
あわせて読みたい
投資信託での資産運用は複利を活かせ。効果を上げるポイントを知ろう僕は投資信託で資産運用を行うときに「長期運用」で「複利効果」を活かすことを念頭に置いているのですが、この複利効果は凄いですよ。 ち...
あわせて読みたい
投資信託は毎月分配型よりも分配金再投資型を選びたい僕は20年後までには金融資産1億円以上を保有したいと考えていて、そのために「より稼ぐ」…そして「稼いだお金をポートフォリオ資産へ変える」...
あわせて読みたい
アセットアロケーションが投資成果の8割を決定するアセットアロケーションという言葉をこ存じでしょうか? 運用成果に影響を与える要素は「売買のタイミング」「銘柄選択」「アセットアロケ...

仮想通貨(BNK)

仮想通貨はイーサリアムやリップルといった複数の商品を購入していますが、ほとんどの仮想通貨は資産を生み出すものではありません。

安く買って高く売ることで利益を得られる通貨ばかりなんですね。

ただバンクエラのBNKは通貨を保有していることで「配当」を得られるので、不労所得のための資産だと言えるでしょう。

ちなみにどれくらいの利息を受け取れるのか?というと…

バンカー(BNK)トークンの各保有者は毎週支払われる紹介手数料を受け取る権利があります。これはBankeraおよびSpectroCoin純取引収益の20%で構成されます。

BankeraおよびSpectroCoinの純利益の20%を、BNKの保有数に応じて「毎週」受け取れるということです。僕はバンクエラのBNKを保有していて、配当としてイーサリアムを得ています。

資産に余裕ができたら、もう少し買い増したいですね。

あわせて読みたい
【簡単解説】Bankera(BNK)は仮想通貨時代のデジタルバンク構築を目指すどうもオキナカです。 今日は僕が10万円ほど投資したBankeraのBNKについて簡単に解説したいと思います。 個人的にはB...

トルコリラでスワップポイント

FX会社でトルコリラを購入しスワップポイントを得ることで不労所得を得たいとも考えています。

スワップポイントとは「FXで得られる利益のひとつ」で、2国間の金利差によって生まれる差額を受け取ることができます。

現在の日本は0.1%と低金利ですが、トルコは8%と高金利です。金利差は7.9%ですね。

この金利差によって生まれるスワップポイントは1万通貨あたり「80円〜100円(取引所によって差がある)」です。これを毎日受け取ることができるのです。

もし10万トルコリラを保有していたら、1日に約800円…1ヶ月で約25000円…1年で約30万円…。これだけの額を「保有しているだけ」でもらえます。

トルコリラ以外にもスワップポイントが魅力的な通貨はいくつかあります。例えば「南アフリカランド」とか「豪ドル」とか「米ドル」などなど。

そんな中で「トルコリラ」を選んだのは、今のところ金利が一番高いからです。

通貨 トルコリラ 南アフリカランド 豪ドル 米ドル
金利(18年3月) 8% 6.75% 1.5% 1.5%

スワップポイントは2国間の金利差によって生まれる利益なので、金利が高いというのは魅力的です。

トルコリラは米ドルと比べると多くのリスクを抱えています。

流動性が少ないため値動きが荒くなる可能性があります。また内戦の続くシリアやイラクなどの中東諸国と接しているという地学的なリスクも抱えています。

決して安全な通貨というわけではありませんが、それでも高い金利が生み出すスワップポイントは魅力的だと感じました。

あわせて読みたい
トルコリラをドルコスト平均法で購入していく予定どうもオキナカです。いきなりですが「トルコリラをドルコスト平均法で購入」していくことにしました。 トルコリラは「トルコ共和国の通貨...

さらなる買い増し&投資先の増加のために勤労所得を増やす

今のところ「不労所得」を意識した投資先は上記した商品のみですが、今後はさらなる買い増しと投資先の増加をしていきたいと思います。

具体的には「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」を追加で購入し、投資先を4つにして買い増していきたいですね。

そのためには勤労所得を増やす必要があります。もっともっと稼いで、稼いで得た資金はどんどん追加投資していくことでポートフォリオ所得を強化していくつもりです。

勤労所得を増やす手段としては「複数の収入源をつくる」ことで対応したいと思います。

本業の給料をあげるよりも副業を行い「収入源を複数つくる」ほうが収入を最大化しやすいですよね。

あわせて読みたい
サラリーマンの副業事情。「どんな職業」で「どれくらいの副収入」を得ているのかどうもオキナカです。 普通のサラリーマンがお金持ちになるためには「収入を最大化」し、稼いだお金を「ポートフォリオ資産」へと投資して...

勤労所得だけに依存するのは避けたい

不労所得を得られるようになったら仕事を辞めたい…という希望は今のところありません。

今の仕事はけっこう楽しいですからね。

ただ勤労所得(会社の給料)だけに依存するのはとても危険です。例えば…

  • 病気や怪我で「働けなくなった」
  • 会社が倒産した、会社にリストラされた
  • 精神的に病んでしまい「会社へいけない」
  • 会社の業績が不振で給料が大幅にカットされた

このような状況になってしまったとき「収入源が勤労所得だけ」だと収入がなくなりますよね。勤労所得は本人の労働力に依存しているから「働けなくなった」ら終わりです。

人生は何があるかわかりません。10年後には「仕事を辞めたい」と思っているかもしれないし、もしかしたら病気で「働けない」かもしれませんよね。

だから元気な今のうちに「働かなくても安定した継続収入(不労所得)を得る」ための努力をしておこうと思います。

不労所得の確立には時間がかかりますからね。コツコツと実践していきます。