お金の話

セゾン投信のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドで世界へ分散投資。7つの特徴が魅力的

どうもオキナカです。

僕は30歳のときに資産運用を始めました。そして最初に購入した投資信託が「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」です。

<運用成果はコチラ>

なぜセゾンBGFにしたのか?…それは以下のような僕の願望を叶えてくれる投資信託だったから。

  • 基本的に「ほったらかし」で運用したい
  • 可能な限りコストを抑えたい
  • 世界に分散投資を行いたい
  • 複利を活かした運用を行いたい
  • 少額での積立投資を行いたい
  • 良心的で信頼できる会社に自分のお金を預けたい

当時の僕は資産運用を始めることを決意しましたが、投資に時間を割きたくはありませんでした。

毎日のように株価とにらめっこしたり、売買のタイミングが気になって仕事中にトイレに閉じこもったりするようなことはしたくなかったんです。

資産運用を行うときに「目先の値動きに一喜一憂したくない」…ただただ世界経済の成長に身を任せ、のんびりと運用したかったのです。

そんな自分の願いを叶えてくれたのがセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドでした。

では、なぜセゾンBGFは上記したような願望を叶えることができるのか。

それはセゾンBGFが以下の7つの特徴を持っているからです。

「セゾンBGFの7つの特徴」
  1. 世界30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資しているインデックスファンド
  2. 手数料が無料のノーロードファンド
  3. バランスファンドなのに信託報酬が0.69%と低コスト
  4. 分配金再投資型のファンド
  5. 月々5000円から積立投資が可能
  6. バランスファンドなのでリバランスの必要なし
  7. セゾン投信はとても良心的な会社

ということで、以下では「この7つの特徴の詳細」について書いていきましょう。

これから資産運用を始めようと思っている投資初心者にはおすすめのファンドですよ。

世界30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資しているインデックスファンド

分散投資は大儲けする可能性が減りますが、大損をするリスクも減らしてくれます。

卵をひとつのカゴに盛るなという分散投資の格言がありますが、株だけではなく債券も、円資産だけではなく外貨資産も保有することで幅広く分散投資を行うことができます。

このファンドを購入するだけで、世界30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資できるのは凄いですね。

またセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは「インデックスファンド」であり、市場の平均と同じような動きを目指すファンドです。

インデックスファンドは市場の平均を目指すので大きく値上がりすることを望めませんが、逆に大きく値下がりするリスクも軽減できます。

何千何万とある株式の中から「有望な株式」を見分けることはプロのファンドマネージャーでも難しいことです。

インデックスファンドと対極にあるのはアクティブファンドですが、アクティブファンドが長期的に成果を出し続けることは稀です。

ほとんどのアクティブファンドはインデックスファンドよりも運用成果で劣ります。

長期でコツコツと運用したい人には、世界へ分散投資できるインデックスファンドがおすすめです。

購入時の手数料が無料。余分なコストのかからないノーロードファンド

ノーロードとは「販売手数料が無料の投資信託」ということです。

投資信託で積立投資を行う場合は購入時に手数料が必要か必要でないかは重要な問題です。購入のたびに手数料を取られてしまうと、手数料のぶんは確実に運用成績が悪くなります。

長期投資における運用成果はコストで差がつきます。

セゾン投信はフィデューシャリー宣言を公表し、購入時の手数料を取らないと宣言した非常に良心的なファンドです。運用成績を上げたければ無駄なコストをカットすべきです。

あわせて読みたい
投資信託の積立は手数料無料のノーロードがポイント。良心ある証券会社を探せどうもオキナカです。 僕は労働者からの脱却を目指してコツコツと投資信託で積立投資を行っているのですが、その際に注意しているのはコス...

バランスファンドなのに信託報酬が0.69%と低コスト

信託報酬とは投資信託における手数料コストの一つでランニングコストのようなものです。

ファンドの運用に関する手数料で、投資信託の基準価額に対して一定の率としてファンドの資産から自動的に差し引かれます。

手数料も無料、信託報酬も低コストとセゾン投信は本当に良心的な会社ですよね。コストを削減することは利回りを高めることになるの、で運用成果を高めたければ大切なことです。

分配金は全て再投資

投資信託では決算時に分配金を出すファンドと分配金を出さずに再投資するファンドがあります。セゾン投信のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドでは、この分配金を出さずに自動的に再投資してくれます。

分配金を出さないファンドは「長期投資の味方」です。

なぜならば分配金を受け取らずに自動で再投資してくれるので、税金を取られる必要がなく利息が利息を生む複利の力を最大限に活かすことができるからです。

お金を増やしたければ「単利ではなく複利」で運用することが大切なのです。

あわせて読みたい
投資信託での資産運用は複利を活かせ。効果を上げるポイントを知ろう僕は投資信託で資産運用を行うときに「長期運用」で「複利効果」を活かすことを念頭に置いているのですが、この複利効果は凄いですよ。 ち...

月々5000円からの積立投資が可能

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは5000円から積立投資を行うことができるので、最初から大きな資産を持っていなくても少額で世界へ分散投資することができます。

投資に何万円、何十万と必要であれば尻ごみしてしまいますが5000円であれば手を出しやすいですよね。

塵も積もれば山となる。まずは5000円からでも始めることが大切です。

バランスファンドなのでリバランスの必要なし

リバランスとはアセットアロケーションを整える作業です。

アセットアロケーションは運用成果の8割を決定すると言われています。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドはバランスファンドなのでリバランスの必要がありません。プロのファンドマネージャーがアセットアロケーションを整えてくれます。

長期運用においてはアセットアロケーションが重要ですが、世界の経済状況によってアセットアロケーションの比率は変わってきます。

この変わった比率を整える作業をリバランスというのですが、バランスファンドでは自分でリバランスを行う必要がありません。初心者にはありがたいファンドですよね。

資料請求をして口座を開設し自動で引落しができる積立投資を申し込めば、あとは「ほったらかし」で問題ありません。すごく簡単です。

あわせて読みたい
アセットアロケーションが投資成果の8割を決定するアセットアロケーションという言葉をこ存じでしょうか? 運用成果に影響を与える要素は「売買のタイミング」「銘柄選択」「アセットアロケ...

セゾン投信はとても良心的な会社

長期投資を行うのであれば、その販売会社とは10年、20年、30年と付き合うことになるでしょう。結婚するようなものかもしれません。

長く付き合いときに大切なのは「信頼関係」ですが、そういった意味ではセゾン投信はとても信頼できる良心的な会社です。

そう思う理由は、セゾン投信が行った「フィデューシャリー宣言」です。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの販売会社であるセゾン投信は「フィデューシャリー宣言」というものを行いました。

フィデューシャリーとは「他人のために財産を受託しその人の受益者に関わる受託者としての善管義務を負う人」のことです。

英和辞典で調べると「信用上の」「信託の」と書いてありますね。

セゾン投信のフィデューシャリー宣言は「資産運用受託者」としての誓いみたいなものです。

平成26年に金融庁が「金融モニタリング基本方針(監督・検査基本方針)」のなかで、初めて、フィデューシャリー・デューティーという新しい概念を導入しましたが、この基本方針のなかでは以下のようなことが書かれています。

家計や年金、機関投資家が運用する多額の資産が、それぞれの資金の性格や資産保有者のニーズに即して適切に運用されることが重要である。このため、商品開発、販売、運用、資産管理それぞれに携わる金融機関がその役割・責任(フィデューシャリー・デューティー)を実際に果たすことが求められる。

要は「適切な運営をしろ」ってことです。そして適切な運営とは「顧客に過度な負担を強いて」「運営者が不当な利益を得る」ことがないようにすることでしょう。

もちろん販売会社にも儲ける権利があります。なので販売手数料や信託報酬を貰うことは当たり前なのだが、その設定額が合理的でなかったり不当に高く設定されていては「適切な運営」とは言えません。

金融庁の「金融モニタリング基本方針(監督・検査基本方針)」は「顧客のニーズに応える経営をしよう」ということであり、セゾン投信などのフィデューシャリー宣言はそれに応える形で発表されたものです。

セゾン投信「フィデューシャリー宣言」では以下のようなことが書かれています。

投資信託運用業者として「お客さまのため」にのみ資産運用業務に従事し、専ら長期投資に努めることを公約いたしました

セゾン投信のフィデューシャリー宣言は①長期資産形成②利益相反行為の回避③報酬等の合理性④尊守態勢の4項から成る。

①長期資産形成では「長期運用を心がけますよ」ということが書かれているが、そのなかで「販売手数料はお客様の投資効率を悪化させるとの考えから、徴収いたしません」という宣言がなされている。

これは本当に素晴らしいことです。セゾン投信のようにフィデューシャリー宣言を公表し「顧客のニーズに応える経営」を目指す会社が今後も増えると良いですね。

投資を始めるならセゾン投信のように「顧客のことを考えている販売会社」で運用したいと思いませんか?

さいごに

以上が「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの7つの特徴」です。

もう一度セゾンBGFのスペックを確認しましょう。

購入単位 1万円以上1円単位/積立は5千円以上1千円単位
信託報酬 0.69%±0.03%/年(税込)
信託財産留保額 0.1%
分配金の取扱 再投資
販売手数料 0%
為替ヘッジ なし

購入時に手数料がかからず信託報酬も低い。そして低コストで世界に分散して投資できる。

分配金も全て再投資されるため複利効果も期待でき長期運用には最適。さらに顧客のために低コストを実現しようとする会社の姿勢も素晴らしい。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは本当に素晴らしいファンドだと思います。気になる人はチェックしてみてはいかがでしょうか。

公式ホームページ→セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド