お金の話

トルコリラをドルコスト平均法で購入していく予定

どうもオキナカです。いきなりですが「トルコリラをドルコスト平均法で購入」していくことにしました。

トルコリラは「トルコ共和国の通貨」です。

僕は今のところ「投資信託」と「仮想通貨」へ投資をしていますが、最近は新たな投資先はないか探していたんですね。で、トルコリラを発見し「面白いな」と思ったわけです。

しかしなぜトルコリラなのでしょうか?…そして僕はなぜドルコスト平均法でトルコリラを購入するのでしょうか?…気になりますよね?(気になってください!)

ということで、今回はそのへんのことについて書いていきます。

トルコリラに注目した理由はスワップポイントが魅力的だから

トルコリラを購入しようと思った理由は「スワップポイントが魅力的だから」です。

スワップポイントとは「FXで得られる利益のひとつ」で、2国間の金利差によって生まれる差額を受け取ることができます。

現在の日本は0.1%と低金利ですが、トルコは8%と高金利です。金利差は7.9%ですね。

この金利差によって生まれるスワップポイントは1万通貨あたり「80円〜100円(取引所によって差がある)」です。これを毎日受け取ることができるのです。

もし10万トルコリラを保有していたら、1日に約800円…1ヶ月で約25000円…1年で約30万円…。これだけの額を「保有しているだけ」でもらえます。

めちゃくちゃ魅力的じゃないですか?

トルコリラ以外にもスワップポイントが魅力的な通貨はいくつかあります。例えば「南アフリカランド」とか「豪ドル」とか「米ドル」などなど。

そんな中で「トルコリラ」を選んだのは、今のところ金利が一番高いからです。

通貨 トルコリラ 南アフリカランド 豪ドル 米ドル
金利(18年3月) 8% 6.75% 1.5% 1.5%

スワップポイントは2国間の金利差によって生まれる利益なので、金利が高いというのは魅力的です。

トルコリラは米ドルと比べると多くのリスクを抱えています。

流動性が少ないため値動きが荒くなる可能性があります。また内戦の続くシリアやイラクなどの中東諸国と接しているという地学的なリスクも抱えています。

決して安全な通貨というわけではありませんが、それでも高い金利が生み出すスワップポイントは魅力的だと感じました。

参入タイミングとして悪くないと判断

まずは「トルコリラ/円」のチャート(月足)をみてください。

ご覧のとおり…ずっと右肩下がりですね。2014年1月頃には50円くらいだったトルコリラですが、今では28円…半値ほどになっています。

まだまだ下げる可能性が高そうですね。

ちなみにトルコリラが下落している理由は「トルコとアメリカの関係が悪化している」ことや「国内政治の不安定さ」、あとは「中東問題」などが挙げられるのではないでしょうか。あまり良い材料がないですね。

ただ悪い状態だからこそ「これ以上は悪化しようがない」という気がしています。

あとは仮に悪化して今よりも半値ほどに下落したとしても、5年ほど保有し続けていればスワップポイントで相殺できそうなので「参入タイミングとしては悪くない」と考えています。

価格変動リスクを抑えるためにドルコスト平均法で購入していく

トルコリラでスワップポイントをゲットしようとは思っていますが、まだまだ下降トレンドですので一括での購入は避けて、ドルコスト平均法で購入していこうと思います。

ちなみにドルコスト平均法とは以下のとおり。

株式や投資信託などの金融商品の投資手法の一つ。定額購入法ともいう。金融商品を購入する場合、一度に購入せず、資金を分割して均等額ずつ定期的に継続して投資する。例えば「予定資金を12分割して、月末ごとに資金の1/12を投入し、一年かけて全量を買う」という手法。(ウィキペディア)

つまり「一気に購入せずに分割して買う」という方法ですね。例えばAという商品に10万円投資する場合、毎月1万円ずつ10ヶ月かけて購入するということです。

期間は1ヶ月単位じゃなく、毎日1万円ずつ10日間かけて買うとかでもOKです。

ただ期間が長ければ、それだけ時間を分散することができます。

今のところ毎月2000トルコリラを定期購入していくつもりです。

数年後に月5万円くらいの不労所得を目指したい

将来的にはスワップポイントだけで月5万円くらいの不労所得を得られるようになりたいですね。

現在のスワップポイントは80円〜100円くらいなので、月5万円を得るためには20万トルコリラほど所有しなければいけません。

毎月2000トルコリラを購入していくとしたら100ヶ月(約8年)もかかってしまいます。

まぁ今は軍資金の問題で、月に2000トルコリラ以上を買えません。トルコリラに集中投資するわけにはいきませんからね。

ただ5年以内には20万トルコリラを保有できるように調整していきたいです。

それまではトルコリラが値上がりせずに、下落し続けてくれるとありがたいかな。あと金利も維持…もしくは利上げになると大万歳です。

あわせて読みたい
トルコリラでスワップポイントを得るための運用をマネーパートナーズで行う4つの理由以前の記事で書きましたが、僕はスワップポイントでの不労所得を得るためにトルコリラをドルコスト平均法で購入していくことにしました。 ...