原資10万円のFX挑戦記録

【FX】買うは易し売るは難し…損切りできずに大損

どうも…原資10万円でFXに挑戦しているオキナカです。

いや〜難しい…損を確定させるのはとても難しいですね…。FXに挑戦して3回ほどトレードしたのですが、3回目に大きなマイナスを記録してしまいました。

トレード1回目 +930円
トレード2回目 +1850円
トレード3回目 ー5810円

勝率6割なのに損益はマイナス3030円…これはダメですね。

このようなトレードを繰り返していては10万円がすぐになくなると思うので、反省の意味を込めて「ダメだったポイント」を自分なりに分析したいと思います。

エントリーポイントが中途半端だった

まずはエントリーポイントが中途半端でした。

で、なぜそうなったのか…それはしっかりとチャート分析をして取引をしなかったからですね。

エントリーする前日の相場から、ドル円は106円前半…もしかしたら105円をトライしに行くかもしれない…なんて思っていたんですよね。

そんな感覚のなかでドル円が106.4まで下落し、その後106.7くらいまで上昇したので「戻り売り」をすることにしました。なんの分析もせずに「まぁ下がるでしょ」みたいなノリで…。

スマホのアプリから適当にトレードをしてしまいました。これはダメですね…。

損切りのタイミングを逃した

適当にエントリーしたので利確ポイントや損切りポイントをあまり考えていませんでした。

だからズルズルと損失を膨らませてしまいましたね。

途中で「なんか自分の予想と違うな」と思ったのですが、損を確定させるのが嫌で「お願い…下がって…(ショートポジション保有)」とただただ祈っていました。

今思うと「違うな…」と思ったタイミングで損切りをしておくべきでした。

買うは易し売るは難し…もっと決断する勇気を持たなければいけませんね。

損小利大を意識しなければいけない

1回目と2回目のトレードでは利益をだしましたが、3回目のトレードで大きく損をしたため、損益はマイナス3030円です。

勝率は6割なのにトータルがマイナスなのは、取引1回において「利益が少なく」「損失が大きい」からですよね。正直これではダメだと思いました。

理想は勝率が悪くても損益はプラスであることでしょう。

それを可能にするには「損小利大」を意識しなければいけないですね。

だから「損切りは早く、利食いはゆっくり」の精神でトレードを行うように心がけます。

もう一度ルールを確認します

今回の失敗のポイントは以下のとおり。

  • 適当にエントリーしてしまった
  • 損切りポイントを決めていなかった
  • 違う…と思ったときに損切りできなかった
  • 損小利大ではない

この4つがダメだったので大損をしたのだと思います。

しかしながら上記した4つのポイントは「守るべき9つのルール」で挙げている注意点なんですよね。

ようは取引を行うにあたって、自分で決めたルールを守れていないことが失敗の原因です。

FXで利益を上げるために、もう一度「守るべき9つのルール」を確認し、トレードを行う際には必ず守るようにしたいと思います。

あわせて読みたい
原資10万円でFXに挑戦。まずは守るべき9つのルールを決定どうもオキナカです。 これから「原資10万円でFXに挑戦」することにしました。 なぜFXなのか?…それは仮想通貨への投機もひ...