お金の話

サラリーマンの副業事情。「どんな職業」で「どれくらいの副収入」を得ているのか

どうもオキナカです。

普通のサラリーマンがお金持ちになるためには「収入を最大化」し、稼いだお金を「ポートフォリオ資産」へと投資していくことが大切ですよね。

あわせて読みたい
【一代で財を成す】普通のサラリーマンがお金持ちになる方法お金持ちになりたい…そう思ったことありませんか?僕は毎日のように思っています。 お金持ちにはいろんなタイプの人がいますよね。 ...

収入を最大化するために重要なことは「収入源を複数作る」こと。

サラリーマンの給料を大幅にあげるのは難しくても、月に1万円〜5万円以上の収入源をもつことはそんなに難しいことではありません。

実際MMD研究所の「ビジネスパーソンの副業に関する実態調査」によると、サラリーマンの14%が副業を行い、そのうちの18.5%の人が月に2万円〜5万円の副収入を得ているようです。

サラリーマンの14%しか副業を行っていないというのは「少ない」という印象ですが、逆にいえば仕事をGETしやすいライバルが少ない状態ですし、収入面で同僚に差をつけるチャンスですよね。

ということで、14%のサラリーマンが「どんな職業(種類)」で「どれくらいの副収入」を得ているのかを見ていきましょう。

副業で本業以上の収入を得ることも可能

まずは副業で「どれくらいの副収入」を得ているのか…の調査結果を見てみましょう。

副収入額 割合
500円以内 10.7%
501円〜1000円以内 7.1%
1001円〜5000円以内 13.8%
5001円〜10000円以内 12.4%
10001円〜20000円以内 13.9%
20001円〜50000円以内 18.5%
50001円〜100000円以内 12.8%
100001円〜200000円以内 5.4%
200001円〜500000円以内 3.6%
それ以上 1.7%

MMD研究所の調査によると以上の通りです。

一番割合が多いのは2万円〜5万円以内ですね。年間で24万円〜60万円くらいを稼ぐことになります。サラリーマンの給料を同じように増やすのは難しいですよね。

ただ57.9%の人は月に2万円も稼げていないようですね。逆に23.5%の人が5万円以上を稼いでいるというデータもあります。

もっと驚愕すべきは20万円以上…そして50万円以上を稼ぐ人もいるということ…もはや本業なのでは?と思ってしまいますね。

副業のつもりで始めたけど、本業よりも稼げてしまった…そんなことも可能です。

僕も副業を行っていますが、月5万円くらいなら真剣に頑張れば到達できる額だと感じています。

サラリーマンはどんな副業で稼いでいるのか?

次に副収入を得ているサラリーマンが「どんな職業(種類)」で稼いているのかを見ていきましょう。

多くの人は「インターネット」を利用して副業を行っているようです。インターネットであれば在宅で好きな時間にできますからね。それに人目を気にする必要もありません。

インターネットを利用した副業のTOP5は以下の通り。

第1位 株式投資(23.7%)
第2位 アフリエイト(23.1%)
第3位 FX(20.1%)
第4位 クラウドソーシング(17.9%)
第5位 ネットショップ(16.6.%)

一番多かったのは「株式投資」で23.7%。次いで「アフィリエイト」の23.1%だったようです。

ただこのランキングを見ていて思ったのですが、株式投資で毎月5万円以上の収入を得るってことは頻繁にトレードを行っているのでしょう。

正直そういった投資は「ギャンブルと同じ」だと思っていますし、第3位の「FX」も似たようなものですよね。だからサラリーマンが副業で行うものではないのかなと感じています。

※なんて言いながら…僕はFXをやっています…。ギャンブル…楽しい…。

まぁ無難に稼ぎたいのであれば第2位の「アフィリエイト」か第4位の「クラウドソーシング」が個人的にはおすすめですね。

とくにクラウドソーシングは「これから副業を始める人が確実に稼ぐ」のに適しているのかと思います。アフィリエイトは稼げるようになるかは能力次第という印象ですね。

50万円以上の副収入を得ようと思ったら「アフィリエイト」がおすすめですが、確実に5万円〜10万円くらいを稼ぎたいのであれば「クラウドソーシング」のほうが良いでしょう。

ちなみにクラウドソーシングとは何なのかを簡単にいうと、「登録者」と「企業」とをマッチングする「仕事依頼サイト」です。

クラウドソーシングのサイトに登録すると、様々な企業が仕事を依頼しているのをチェックすることができます。内容は「アンケート」や「ライディング」といったものから、「翻訳」「デザイン制作」「システム開発」など様々です。

登録者は依頼されている仕事の中から「自分にできそう」なものを選び応募します。契約が成立し、仕事を終えれば「報酬を得る」ことができます。

クラウドソーシングサイトの大手は「クラウドワークス」が有名です。

登録は無料ですので、自身のアカウントを作成し、どんな仕事が依頼されているがチェックしてみてはいかがでしょうか。

【クラウドワークスの公式サイト】

副業で得た資金を投資して資産を築こう

冒頭でも書きましたが、普通のサラリーマンがお金持ちになるためには「収入を最大化」し、稼いだお金を「ポートフォリオ資産」へと投資していくことが大切です。

東京農科大学(東京大学農学部)の教授で、日比谷公園や明治神宮など、明治以降の日本の多くの大規模公園の開設・修正に携わった本多静六氏は「本多式4分の1貯金法」を行い、貯めた資金を投資して運用しました。

15年が経過した頃には「大学の給料より貯金の利子や株式の配当のほうが多くなった」そうです。

あわせて読みたい
【昭和の資産家】本多静六氏がお金持ちになった3つの理由本多静六という偉人をご存知でしょうか? 【本多静六氏とは】 1866年8月11日〜1952年1月29日。東京農科大学(東京大学農...

副業で得たお金を投資して運用することで、本多氏と同じように給料よりも「株式の配当のほうが多くなった」ということになると嬉しいですね。

そうなれば「本収入」「副収入」「ポートフォリオ収入」の3本柱が完成します。これくらい収入を分散化できるとリスク(リストラや病気)の軽減にもつながりますよね。

ということで、みなさんも副業を行い「お金持ちへの第一歩」を踏み出しましょう。

投資先の紹介

※国際分散投資で複利を活かしたければ「WealthNavi」がおすすめです。

世界の富裕層が利用する金融アルゴリズムで、完全に中立な立場から国際分散投資を行ってくれます。資産運用に関わる全プロセスを自動化してくれるので、資産運用に必要とされる高度な知識、膨大な時間と手間を省略できます。

投資初心者にはありがたい機能ですね。