仮想通貨

仮想通貨の値動きが意味不明…もはや思考停止状態

2018年1月17日にこんな記事を書いていました。

あわせて読みたい
仮想通貨の価格が暴落中…神様が「もう一回チャンスあげるよ」って言っているどうもオキナカです。仮想通貨の価格が暴落中ですね。 朝起きたらイーサとリップルが更に値下がりしていることを祈ってます!おやすみなさ...

このときはXRPとXEMが100円付近まで下落していて「買い増しチャンス」だと思い、200XRPと200XEMを買い増しました。

ただ自分としては「買うの少なすぎたかな〜」って後悔していたんですよね。で、こんな記事を書いていました。

あわせて読みたい
買い増しにビビった自分を少しだけ責めたい…だけど臆病さも大事だよねいや〜見事に価格が戻ってきましたね。 左は昨日の価格…そして右は今日の価格… 特にリップル(XRP)とゼム(XEM)...

今も回復したとはいえ「まだ下落の可能性は残っている」と考えています。もう一回くらい底値を試してくるんじゃないかな…なんてことを考えながら構えています。

もし今度、リップル(XRP)やゼム(XEM)が100円以下になったら「かなりの規模で買い増しをしよう」と思っています。※かなりの規模…なんてカッコイイことを言いましたが…10万円程度です。

なんてコメントしていましたが…

今まさに…買い増しのチャンスが………なのに身体が動かない…

指数を打ち込んで…あとはクリックするだけなのに…「怖い…もっと下がりそう…」そんな気持ちが最後のクリックを躊躇させる…なんて臆病なんだ…。

悲観の中で買う。わかっていても難しい。あの与沢氏でも難しいようだ…。しかし法定通貨残りあと3億8000万って…すごいな。

いざ!となると躊躇してしまう…「まだ下がるかもしれない」という気持ちと「反発したら買い増しチャンスを逃してしまう」という気持ちが交錯しています。

こういうのを「THEど素人」っていうんでしょうね。

ただ「落ちるナイフを掴まない」って教訓もあるし、慌てて参加するような相場ではないような気がするので、少しだけ(2万円ほど)買い増して様子をみます。

反転して価格が上昇したらそれはそれで良いし、さらに下落したら買い増していきます。

しかしながら2017年の12月に250万円を記録していたビットコインが、2ヶ月後に80万円になるとは…。仮想通貨の値動きは意味不明ですね。

あわせて読みたい
買い時がわからない…高値を掴みたくない…ドルコスト平均法でリスクを回避しよう仮想通貨って「買い時」がわからないですよね。 暴落を待っていたら値上がりし、暴騰すると思って買ったら値下がりする…こんな値動きをし...