仮想通貨

仮想通貨の始め方。リスクを軽減し余剰資金でやる投機

仮想通貨の始め方と購入方法について提案していきたいと思います…が、ちょっとその前に読んでほしい記事があります。

あわせて読みたい
仮想通貨へ投資をする前に知っておきたい7つの注意点仮想通貨で「億り人」…さらには「自由億」へ。 これからはブロックチェーンの時代。仮想通貨へ参入するなら「今のうち」だ。 そん...

仮想通貨へ投資をする前に知っておきたい7つの注意点です。

仮想通貨への投資はリスクを伴います。そのリスクをしっかりと理解し「耐えれる」と判断できない人は仮想通貨への投資をやめましょう。危険です。

上記の記事を読んだうえで「それでも仮想通貨への投資を始めたい」のであれば、次へ進みましょう。仮想通貨の始め方と購入方法について説明していきます。

テーマは「リスクを軽減し余剰資金でやる投機」の始め方です。

仮想通貨取引所で口座を開設しましょう

まずは仮想通貨取引所で口座を開設します。これをやらないと仮想通貨を購入できません。

口座は複数開設した方が良い

取引所は複数開設することをおすすめします。主な理由は以下のとおり。

  • 取引所によって取り扱う通貨に違いがある
  • リスクを分散する効果がある

主要な通貨はどこの取引所でも販売されていますが、マイナーな通貨に関しては取り扱っている所と取り扱っていない所があります。

なので、いろんな通貨を購入したければ複数の取引所で口座開設することをおすすめします。

また1つの取引所に依存しないことはリスク分散の意味でも重要です。

以前「コインチェックが何者かにハッキングされ通貨を奪われる」という事件があり取引所が閉鎖されました。

あわせて読みたい
【史上最大のハッキング事件】仮想通貨5億2000万XEMがコインチェックから流出仮想通貨にとって歴史的な出来事となるであろう。そんな事件が起きましたね。 何者かが仮想通貨取引所であるコインチェックから5億200...

もしコインチェックだけでしか口座を開設していなかったら、多くの資産を失っていたり、取引を行いたくても売買が行えない事態に陥っていたことでしょう。

複数の取引所で口座を開設し取引を分散させておけば、万が一のときのリスクヘッジにつながるのです。最低でも3社は口座を開設しておきたいですね。

主な仮想通貨取引所の特徴(メリットとデメリット)

とりあえず「開設しておいたほうが良い」と思う取引所の特徴を紹介します。

取引所 Zaif bitbank bitFlyer BINANCE
取り扱い通貨 比較的多い 少ない 少ない 豊富
手数料 安い 無料キャンペーン中 高い 激安
メリット 自動積立購入可能 リップルが買える 購入が簡単(初心者にとっては◎) 通貨が豊富
デメリット サーバーが落ちやすい 今のところ特になし 手数料が高い JPYで直接買えない
口座開設先 口座を開設 口座を開設 口座を開設 口座を開設

上記の評価はあくまでも僕の主観です。使ってみた感想ですね。

Zaifとbitbankは板形式なので「手数料が安い」

Zaifとbitbankは板形式での取引なので手数料が安いのがメリットです。

どういうことかというと、仮想通貨を買いたい人と売りたい人が「直接取引」を行うので、販売所への手数料が割安なんですね。

ただ購入するためには「買いたい(売りたい)額の数値と枚数」を入力したりしなきゃいけないので、慣れていない初心者にとっては難しいと感じる場合もあるでしょう。

Zaifで口座を開設する

bitbankで口座を開設する

bitFlyerは「操作が簡単」

bitFlyerはビットコインに関しては板形式で販売していますが、それ以外の通貨は販売所形式での取引となります。

つまりbitFlyerが保有している通貨をユーザーが購入する仕組みというわけです。

通貨を購入するにあたってbitFlyerに仲介をお願いしている形になるので、そのぶん手数料が割高になってしまいます。

ただ販売所形式の取引は数値を入力する必要がないので、クリックだけで通貨を購入することができます。よって取引に慣れていない初心者にはとても使いやすいんですね。

bitFlyerで口座を開設する

BINANCE(バイナンス)は取り扱い「通貨が豊富」

BINANCE(バイナンス)は日本の取引所ではありません。中国(台湾)を拠点としている取引所です。リリースされて約半年で「世界最大の取引所」へと成長を遂げました。

BINANCEの特徴は「圧倒的な品揃え(100種以上)」と「手数料の安さ」ですね。

日本の取引所では買うことができない通貨がたくさんあります。

上場されたばかりの通貨…まだ注目されていない通貨が販売されているので、通貨が値上がりする前に購入することも可能です。

まだ誰も注目していない通貨を発見し、大幅な値上がりを期待したいという人はBINANCEで口座を開設しておいたほうが良いでしょう。

ただ円での取引ができないので、一度日本の取引所でビットコインかイーサリアムを購入しBINANCEへ送金するという手間が発生するので若干面倒です。

BINANCEで口座を開設する

購入方法はドルコスト平均法がおすすめ

口座を開設して本人確認などが完了したら「いよいよ通貨の購入」です。まずは数千円〜1万円程度を購入することから始めましょう。

最初は操作になれることが大切です。

慣れないうちは失敗がつきものです。特に「板形式」での取引を行う場合は数値を入力したりするので少額から始めるのが無難でしょう。

購入方法は「ドルコスト平均法」をおすすめします。

あわせて読みたい
買い時がわからない…高値を掴みたくない…ドルコスト平均法でリスクを回避しよう仮想通貨って「買い時」がわからないですよね。 暴落を待っていたら値上がりし、暴騰すると思って買ったら値下がりする…こんな値動きをし...

ドルコスト平均法とは以下のとおり。

株式や投資信託などの金融商品の投資手法の一つ。定額購入法ともいう。金融商品を購入する場合、一度に購入せず、資金を分割して均等額ずつ定期的に継続して投資する。例えば「予定資金を12分割して、月末ごとに資金の1/12を投入し、一年かけて全量を買う」という手法。(ウィキペディア)

つまり「一気に購入せずに分割して買う」という方法ですね。例えばAという商品に10万円投資する場合、毎月1万円ずつ10ヶ月かけて購入するということです。

Zaifであれば「毎日100円ずつ購入」なんてことを自動で行ってくれます。

ボラティリティ(価格変動)が激しい仮想通貨では、前日に最高値を更新したかと思えば、翌日には暴落しているなんてことが日常茶飯事です。

もし最高値を更新したときに「一括購入」していたら、暴落したときに大損をしてしまいますよね。

ドルコスト平均法だと「タイミングをずらし数回に分けて購入する」ので、高値づかみをするリスクを大幅にカットすることができます。

もちろん高値掴みのリスクを軽減する代わりに、底値をつかむ可能性も減ります。

だけど「高値や底値がどこなのか」なんて基本的にわからないですよね。だからリスクを軽減するためにドルコスト平均法での購入が望ましいと考えます。

仮想通貨(ブロックチェーン)の未来を信じるのであれば買うべき

僕が仮想通貨に投資した理由は「まだまだ発展途上」だと思うからです。

あわせて読みたい
【解説】仮想通貨に投機する理由…ブロックチェーンの技術は凄いから僕は「ブロクチェーンの技術ってすごいな」と思ったことがきっかけで「仮想通貨は流行る」と考えるようになり投機を始めました。 2017...

ブロックチェーンの技術が実用化され世界を席巻するのは数年後でしょう…ってことは仮想通貨の価格はもっともっと上がるはず…みたいな感じで投機を始めました。

もしかしたら実用化されずに無価値になってしまう仮想通貨もあるかもしれませんが、逆に大流行して驚くほどの価値を発揮するものが現れるかもしれません。

仮想通貨はリスクの高いものですが、だからこそ「投機する意味がある」と思います。だってリスクを取らずして「お金持ちになる」なんてことありえますか?

誰もが尻込みをしているときに勇気を持って進むから「先行者優位」を発揮できるのです。

もし仮想通貨(ブロックチェーン)の技術はすごい…今後は我々の生活の中に浸透し、インターネットのように世界を席巻する…という未来を信じるのであれば投資すべきでしょう。

仮想通貨はまだまだ発展途上。リスクを軽減し余剰資金で投機しよう

僕は仮想通貨(ブロックチェーン)の未来を信じているので、実際に購入し投資しています。

だけど仮想通貨はまだまだ発展途上でリスクの高い商品です。必ず儲けられる…そんな商品では決してありません。

あわせて読みたい
仮想通貨へ投資をする前に知っておきたい7つの注意点仮想通貨で「億り人」…さらには「自由億」へ。 これからはブロックチェーンの時代。仮想通貨へ参入するなら「今のうち」だ。 そん...

もう一度「仮想通貨へ投資をする前に知っておきたい7つの注意点」を読んでリスクをしっかりと理解しておきましょう。

そして購入する際には「リスクを軽減し余剰資金でやる投機」をテーマにして、大金を一気に突っ込みすぎないように注意してくださいね。