LedgerNanoS(レジャーナノS)

LedgerNanoSを購入時および設定時の注意点。リカバリーフレーズを必ず控えよう

仮想通貨資産を失いたくないのであれば、コインを取引所へ預けたままにしないことはとても大事なことです。

仮想通貨界はコインチェックの事件があったので、仮想通貨を購入したら「ハードウェアウォレットへ移動する」という人も増えてきたことでしょう。

あわせて読みたい
【史上最大のハッキング事件】仮想通貨5億2000万XEMがコインチェックから流出仮想通貨にとって歴史的な出来事となるであろう。そんな事件が起きましたね。 何者かが仮想通貨取引所であるコインチェックから5億200...

自分の資産は自分で守る…これは基本中の基本なので「まだハードウェアウォレットを持っていない」という人は、すぐに購入することをお勧めします。

しかしながら「危険なのはわかっているけど、ハードウェアウォレットの買い方や設定方法がわからない」という人もいると思うので、今回は「ハードウェアウォレットLedgerNanoSを購入時および設定時の注意点」について解説したいと思います。

LedgerNanoSを購入時の注意点。購入先に注意しましょう

まず最初に注意したいこと。それは購入先です。

LedgerNanoSを「Amazon」や「メルカリ」などで購入しよう…と思ったのであれば「注意」が必要です。これらの購入先は必ずしも安全とは限りません。

メルカリは「現時点においてお客様の安全の担保が難しいを判断した為ハードウェアウォレットの出店を禁止した」と発表しました。

これはものすごく懸命な判断だと感じましたね。

Amazonでは「正規代理店」をうたう悪質なお店が紛れ込んでいる可能性もありますし、セキュリティ上の観点から「LedgerNanoS」はメルカリなどで中古品を購入するべきではありません。

ハードウェアウォレットは「LedgerNanoS」がおすすめですが、日本では正規代理店があるので、こちらから購入すると良いでしょう。

正規代理店のホームページ→Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

正規代理店ではなく、本家から購入したい人はコチラをどうぞ。正規代理店で購入するより少し安いですよ。ただ英語力が必要なので大変ですが…。

LedgerNanoSの設定の手順

商品が届いたら設定をしなければいけないのですが、手順は以下のとおり。

LedgerNanoSの設定の手順
  1. LedgerNanoSの本体とパソコンをUSBケーブルでつなげる
  2. Welcomeと表示されるので側面についているボタン2つを同時押しします
  3. Configure as new device?(新しいディバイスとして設定しますか?)と表示されるので、ボタンを同時押ししましょう
  4. PIN codeと表示されるので4桁〜8桁の数字を設定しましょう(左のボタンを押せば数字が増え、右のボタンを押せば減ります。1桁ずつ任意の数字のところでボタンを同時押しすれば次の桁に進めます)
  5. 4桁〜8桁のPIN codeを設定したらボタンの同時押しで完了です。Confirm your PIN codeともう一度PIN codeの入力を求められるので再入力しましょう
  6. 24個のリカバリーフレーズが表示されるのでチェックしましょう(超重要)
  7. リカバリーフレーズの確認があるので、表示されている番号のフレーズを設定しましょう
  8. Ledgerのアプリケーションをダウンロード(https://www.ledgerwallet.com/apps)します。「Ledger Wallet Bitcoin & Altcoins」をクリックし「GET THE APPS」へ。Chrome applicationをインストールしCHROMEに追加します
  9. あとは仮想通貨の種類別にウォレットへ保管していきます

文字だけじゃイメージがわかない…という人は「Ledger NanoS のホームページ」から、「Ledgerの使い方」をクリックし「nanoS操作方法動画」へ行くと、もっとわかりやすい説明を動画で確認することができますよ。

で、この設定時に「必ずやっておきたいこと」は「リカバリーフレーズのチェック」です。

これを忘れると後で大変なことになりますよ。

なぜリカバリーフレーズのチェックが重要なのか

上記した設定の手順で最も重要なことは「リカバリーフレーズのチェック」ですが、これを忘れると「資産を失う」可能性が高くなります。

リカバリーフレーズとは設定時に表示される「24個の単語」のことですね。

例えば…ハードウェアウォレットには以下のようなリスクがあります。

  • LedgerNanoSが壊れた
  • LedgerNanoSを紛失した、盗まれた
  • ファームウェアのアップロードによりデータが消えた

ただ仮にこのような事態に陥ったとしても「リカバリーフレーズ」を控えておけば、資産を失う確率が大幅に少なくなります。

なぜならば「リカバリーフレーズ」があれば、新しい「LedgerNanoS」やLedgerNanoSと互換性のある「TREZOR」で元のデータを復元できるからです。

逆に「リカバリーフレーズ」がわからなければデータの復元は難しく、資産を失うことになるでしょう。

大切なものはLedgerNanoS本体ではなく「リカバリーフレーズ」なのです。

資産を守るはずのハードウェアウォレットでセルフGOXしないための注意点

もう一度「LedgerNanoSを購入時および設定時の注意点」を確認しましょう。

  • 購入時は本家もしくは正規代理店で購入しましょう
  • 設定時に「リカバリーフレーズ」を必ず控えましょう

Amazonやメルカリなどで購入すると、詐欺にあう可能性が高くなります。

また設定時にリカバリーフレーズを控えておかなければ、故障・紛失・盗難・アップロード時のデータ消去によって資産を失う可能性が高くなります。

取引所に仮想通貨を預けたままにしておくのは危険です。しかし資産を守るはずのハードウェアウォレットでGOXしてしまっては本末転倒です。

上記した注意事項に気をつけてハードウェアを利用するようにしてくださいね。もし「言っている意味がわからない」という人はハードウェアウォレットの購入を控えたほうが良いかもしれません。

▼LedgerNanoSの購入はこちらからどうぞ

海外本社←英語が得意ならこちらからの購入がおすすめ。代理店より安いです。

正規代理店←日本の正規代理店です。本社での購入よりも少し高いですが、言葉の壁がないので購入が簡単です。