お金の話

確定拠出年金のメリットを活かすための運用方法を考える

僕は節税対策で個人型確定拠出年金(iDeCo)へ積立拠出しています。

なぜそうしているのか。それは「個人型確定拠出年金(iDeCo)のメリットとデメリット。税制上の優遇が半端ない」でも説明しましたが「3つのメリット」が半端ないからです。

で、これから考えたいのは確定拠出年金(iDeCo)のメリットを活かすためには「どのような運用を心がけるべきか」ということ。

ただ拠出するだけでなく、より運用成果を高めていこうというわけですね。

ちなみに最初に断っておきますが投資は自分の判断で行うものです。これからの話はあくまでも僕が有効だと思っていることなので納得できなかったら参考にしないでください。

確定拠出年金のメリットを確認

前回の記事でも説明しましたが確定拠出年金(iDeCo)のメリットは以下の3つです。

  1. 拠出した掛金が全額所得控除
  2. 運用益が非課税
  3. 受け取るときに「公的年金等控除」か「退職所得控除」が適用される

で、今回はこの税制上のメリットを最大限に活かすための運用方法を説明します。

メリットを活かすために注意したいポイントは以下の2つです。

  1. リスクはあるがリターンの期待値が高い金融商品を購入する
  2. 可能なかぎり若いときから運用を始める

この2つのポイントを抑えることが「税制上のメリットを最大限に活かすための運用方法」だと考えています。

リターンの期待値が高い金融商品を購入する

1つ目のポイントは「リスクはあるがリターンの期待値が高い金融商品を購入する」ことです。なぜならば確定拠出年金は「運用益が非課税」だからです。

ではリスクはあるがリターンの期待値が高い金融商品とは何なのか。

画像は「モーニングスターより転載」

画像は1年間の変化率の大小を表したものです。

日本株式や外国株式は変化の幅が大きくリスクの高い金融商品と言えます。対して日本債券は変化の幅が小さく比較的リスクの低い金融商品と言えるでしょう。

言い方を変えると日本株式や外国株式はリターン(儲け)の期待値が高い金融商品で、対する日本債券はリターン(儲け)の期待値が低い金融商品となります。

で、ここからが重要なところです。

確定拠出年金で「日本株式」や「外国株式」だけを運用した場合と、「日本債券」も一緒に運用した場合…どちらが得だと思うでしょうか?

僕はできるだけ「日本株式」や「外国株式」の比率を多くして運用したほうが得であると考えています。

なぜならば日本債券も一緒に運用した場合、リスクも軽減されるがリターン(儲け)の期待値も下がってしまうからです。

確定拠出年金のメリットの1つは「運用益(儲け)が非課税」ということです。

ということは、確定拠出年金で得られる運用益は大きければ大きいほどメリットを活かすことができるわけですね。

だとしたらリターンの期待値が大きい商品を確定拠出年金(iDeCo)で運用したほうが得だと思いますね。

リスクの分散は運用資産全体で考える

ただリスクの分散のためには「日本株式や外国株式だけじゃなく日本債券も保有したい」と思いますよね。

その場合は確定拠出年金での運用ではなく証券会社の一般口座で「債券のインデックスファンド」などを購入すれば良いでしょう。

資産運用は確定拠出年金(iDeCo)だけで行うものではありません。

確定拠出年金のデメリットは以下のようなものがありました。

  1. 60歳になるまで引き出せない

確定拠出年金は「流動性に欠ける」ので、すべての資産をここに拠出すべきではありません。

確定拠出年金では株式だけを購入、証券会社の一般口座では債券やバランスファンドなどを購入しアセットアロケーションを整えれば問題ないでしょう。

リスクの分散は運用資産全体で考えれば良いのです。

確定拠出年金で「定期預金」とか「債券」といったリターンの期待値が低い商品を買っていてはメリットを活かせません。もっと踏み込めばバランスファンドの購入ももったいないでしょう。

運用益が非課税というメリットを活かすために確定拠出年金では「リスクはあるがリターンの期待値が高い金融商品を購入する」ことが望ましいのです。

可能なかぎり若いときから運用を始める

2つ目のポイントは「可能なかぎり若いときから運用を始める」ことです。

確定拠出年金の受け取りで「一時金としてまとめて受け取る」ことを選択した場合、「退職所得控除」が適用されます。

この退職所得控除の金額は確定拠出年金へ加入していた年数で変わってきます。

簡単に言えば加入年数が20年までは40万円ずつ増えていき、21年目からは70万円ずつ増えていくことになります。

加入年数が15年の場合は控除額が600万円だが、30年の場合は1500万円となる。加入年数が長ければ長いほど得だということがわかるでしょう。

確定拠出年金は5,000円から拠出限度額まで1,000円単位で設定することができ、また拠出の停止や再開はいつでもできます。掛金額の変更も年1回行うことができます。

少額からでも始めておいたほうが受け取るときにメリットを享受できるので、すぐにでも始めることをおすすめします。

さいごに

確定拠出年金のメリットを活かすための運用方法は以下の2つがポイントです。

  1. リスクはあるがリターンの期待値が高い金融商品を購入する
  2. 可能なかぎり若いときから運用を始める

ここに「限度額の満額を拠出する」という項目を加えようか迷いました。満額を拠出したほうが所得控除のメリットを最大限に享受できるからです。

だけど先ほども書いたように、確定拠出年金のデメリットには「60歳まで引き出せない」というものがあります。流動性リスクはけっこう怖いもので、あまり負うべきリスクではありません。

確定拠出年金での運用は「余裕資産」で行うことが大切です。余裕資産が多いのであれば満額拠出したほうが良いでしょうが、そうでないのであれば満額拠出すべきではありません。

そういった判断から「限度額の満額を拠出する」という項目を加えるのをやめましたが、もし満額を拠出する余裕があるのであれば満額を拠出したほうが得でしょう。

自分の資金力と相談して拠出額を決めてくださいね。