BINANCE(バイナンス)

BINANCEにあるTRXをMyEtherWalletへ送金する方法

取引所で購入した仮想通貨を「そのまま」にしておくのは危険です。つい最近も「コインチェックから5億2000万XEM(約580億)が盗まれる」という事件がおきました。

あわせて読みたい
【史上最大のハッキング事件】仮想通貨5億2000万XEMがコインチェックから流出仮想通貨にとって歴史的な出来事となるであろう。そんな事件が起きましたね。 何者かが仮想通貨取引所であるコインチェックから5億200...

被害にあったあとにゴチャゴチャ言っても「あとの祭り」です。取引所に問題があったとしても損をするのは自分…だから資産はしっかりと守りましょう。

ということで、今回は「BINANCE(バイナンス)にあるTRXをMyEtherWalletへ送金する方法」を書いていきます。

TRON(トロン)のTRXは人気の通貨ですが、まだ日本の取引所では上場されていないのでBINENCEで購入しているという人も多いと思います。

BINANCEは日本の取引所ではありませんからね。何か問題が起こったときにコインチェックのときのように簡単に情報が入ってくるかはわかりません。

なのでBINANCEに仮想通貨を残したままにしておくことは避けたいところです。

TRXはMyEtherWalletで保管できる

MyEtherWalletとは「ブラウザから利用できるイーサリアムおよびイーサリアムトークン向けのウォレット(財布)」です。

TRXはイーサリアムベースの仮想通貨なのでMyEtherWalletで保管できます。

MyEtherWalletは利用しているときだけ「ネットワークに接続された状態」で、「常にサーバー上に秘密鍵がさらされた状態」ではないので、セキュリティが強固だと考えられています。

僕はイーサリアム(ETH)やトロン(TRX)はMyEtherWalletで保管しています。

まだMyEtherWalletを利用していなくて、これからMyEtherWalletを使いたいという人は以下のサイトから登録してみてください。

MyEtherWallet←公式ページ

BINANCEにあるTRXをMyEtherWalletへ送金する方法

ここからが本題ですね。BINANCEにあるTRXをMyEtherWalletへ送金する方法です。

①まずはBINANCEにログインし、Funds→Balancesとクリック

②BalancesでTRXの列にある「Withdrawal」をクリック

③MyEtherWalletのアドレスと、送りたいTRXの量を入力しSubmitをクリック

画面にある「TRX Withdrawal Address」の欄にMyEtherWalletのアドレスを入力。

また「Amount」に送りたいTRXの量を入力しましょう。

ちなみに画面上部の「Important」には「最低でも250TRXないと送れませんよ」ということと、「crowdfundまたはICOには送らないように」と書いてあります。

画面下部の「Transaction Fee」は送金手数料で、「You Will Get」は得られるTRXの量です。

全ての入力が終わったら「Submit」をクリックしましょう。

④登録しているメールアドレスに確認がくるのでリンクをクリック

Submitをクリックしたあとに「Emailを確認してください」という画面が表示されました。

登録しているアドレスを確認すると以下のメールがきていました。

9750TRXを下のアドレスに出金するけど、問題がなければ「Confirm Withdraw」をクリックしてください…という内容のメールでした。

ちなみに「セキュリティ上の理由から、リンクの有効期限は45分」だそうです。

ここまでの作業が終了するとMyEtherWalletにTRXが送られてきます。

さいごに

僕は取引所に預けたままにしておくのはリスクだと思っているので、ハードウェアウォレットやMyEtherWalletなどに仮想通貨資産を移動させています。

あわせて読みたい
【盗難対策】仮想通貨の保管はハードウェアウォレット&分散がおすすめツイッターで「仮想通貨の資産をどこで管理していますか?」ってアンケートが出回っていました。 回答を見ていると「ぜんぶ取引所において...

自分は大丈夫だろ…なんて思っていると危険ですよ。

過去には「マウントゴックス事件」や「コインチェック事件」が起こりました。資産を失ってから「行動しておけば良かった」と思っても「あとのまつり」です。

自分の資産は自分で守りましょう。