お金の話

投資信託での資産運用は複利を活かせ。効果を上げるポイントを知ろう

僕は投資信託で資産運用を行うときに「長期運用」で「複利効果」を活かすことを念頭に置いているのですが、この複利効果は凄いですよ。

ちなみに複利効果とは…「一定期間毎に利息を元本に組み入れ、その元本に対して利息が計算される」もの。利息が利息をうむ仕組みですね。

あのアインシュタインが「人類最大の発明」と絶賛した複利効果…うまく活用できれば資産が「雪だるま式」に増えていくことでしょう。

長期で資産を運用する場合、この複利を活かすことが重要になってきます。

ではこの複利効果を活かすためのポイントは何なのでしょうか。

単利と複利でどれくらい差が出るのか

複利効果を活かすポイントを説明する前に、複利運用がいかに優れているかということを確認しましょう。

金利には「単利と複利」という2つの計算方法があります。

  • 単利は当初の元本に対してのみ利息が計算される
  • 複利は一定期間毎に利息を元本に組み入れ、その元本に対して利息が計算される

先ほども言いましたが、長期で資産を運用する場合、この複利を活かすことが重要になってきます。

元本100万円を年率10%で5年間運用した場合の単利と複利の違いを見てみましょう。

【単利の場合】

年率10% 利息 総資産
1年目 100万円×1.1 100000円 1100000円
2年目 100万円×1.1 100000円 1200000円
3年目 100万円×1.1 100000円 1300000円
4年目 100万円×1.1 100000円 1400000円
5年目 100万円×1.1 100000円 1500000円

【複利の場合】

年率10% 利息 総資産
1年目 100万円×1.1 利息100000円 1100000円
2年目 102万円×1.1 利息110000円 1210000円
3年目 104.04万円×1.1 利息131000円 1331000円
4年目 106.12万円×1.1 利息164100円 1464100円
5年目 108.24万円×1.1 利息210510円 1610510円

単利は当初の元本に対してのみ利息が計算されるので毎年10万円(元本100万円の年率10%)の利息です。

対して複利は一定期間毎に利息を元本に組み入れその元本に対して利息が計算されるので、1年目の利息は10万円、2年目の利息は11万円…5年目の利息は14万6410円となります。

5年後には複利運用のほうが1.61倍も資産を増やせることになるのです。

上記した条件で40年間運用すると複利運用のほうが45.26倍も資産を増やせます。

この差はとてつもなく大きいですよね。

資産運用で複利を活かすポイント

ここからは資産運用で複利効果を活かすポイントを書いていきます。

時間

さっきも書いきましたが5年と40年では複利運用の効果が違います。

単利と複利の差は5年だと1.61倍ですが、40年だと45.26倍となります。運用する時間が長ければ長いほど複利効果を得られ資産は雪だるま式に増えていきます。

時間を長くするポイントは「可能な限り若いうちから運用を始めること」です。

まだ運用を始めていないのなら今すぐ始めたほうが複利効果を活かせます。

資金力

可能な限り多くの資金を運用したほうが複利効果の恩恵を享受することができます。

例えば100万円年利10%で20年間運用した場合「約672万円」となりますが、300万円の場合は「約2018万円」となります。

同じ運用利回りでも資金力が大きければ大きいほど利益を得ることができます。

運用利回り

運用利回りが高ければ高いほど複利効果を得られます。

例えば100万円を年率10%で5年間運用できたら5年後の資産は約161万円です。これが年率5%だと約128万円となり差は約33万円となります。

運用期間が長期になればその差はさらに開きます。

ちなみに利回りを高めるポイント「コストを徹底的に削減」することです。

投資結果を予想することはできないがコストは事前にチェックすることができ、コストを削減した分だけ利回りは確実にアップします。

チェックするのは「販売手数料」と「信託報酬」です。

この2つは各ファンドの目論見書というものを見ればわかります。例えば僕が投資している「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」の目論見書を見てみましょう。

画像は目論見書のファンド費用の欄です。

ここで販売手数料と運用管理費用(信託報酬)に注目してください。セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの場合、販売手数料は無料、信託報酬は年0.69%±0.03です。

ファンドによっては販売手数料が3%だったり、信託報酬が2%を超えたりします。

コストが5%(手数料3%+信託報酬2%)のファンドとセゾンBGF(手数料0%+信託報酬0.69%)を比較した場合「4.31%」もセゾンBGFのほうが利回りを高めることができます。

ちなみに多くの人が投資で成果を上げられずに損をし「投資は悪」みたいになっているのはコストを削減できずに証券会社や銀行のクイモノにされているからです。

運用コストを徹底的に削減できれば利回りを高めることができ、複利効果を活かすことができるでしょう。販売手数料と信託報酬は必ずチェックしてください。

分配金再投資型の商品

ファンドによっては分配金を出すタイプと分配金を出さずに再投資するタイプがあります。そのファンドがどちらのタイプかは各ファンドの目論見書を見ればわかります。

この分配金というのは「あくまでも元本を切り崩している」に過ぎません。

元本を切り崩しているので複利効果は減少します。

利息が利息を生み元本が大きくなればなるほど複利効果を得ることができますが、肝心の元本を切り崩されていまっては意味がありません。

また分配金を受け取るたびに20%の税金を支払うことになります。ということはこの20%分は運用成果が下がることになるでしょう。

長期運用で複利効果を活かしたければ「分配金再投資型」のファンドを選ぶべきです。

複利の威力は絶大ですよ

長期運用で資産を雪だるま式に増やしたければ「複利効果」を理解し、効果を最大限に活かせるポイントを抑えなければいけません。複利の威力は絶大です。

もう一度確認しますが、ポイントは以下の4つです。

  1. 時間
  2. 資金力
  3. コスト削減
  4. 分配金再投資

投資信託で資産運用を行うのであれば、あのアインシュタインが「人類最大の発明」と絶賛した複利効果をうまく活用し、資産を「雪だるま式」に増やしていきましょう。

【投資先の紹介】

※国際分散投資で複利を活かしたければ「WealthNavi」がおすすめです。

世界の富裕層が利用する金融アルゴリズムで、完全に中立な立場から国際分散投資を行ってくれます。資産運用に関わる全プロセスを自動化してくれるので、資産運用に必要とされる高度な知識、膨大な時間と手間を省略できます。

投資初心者にはありがたい機能ですね。