お金の話

個人型確定拠出年金(iDeCo)のメリットとデメリット。税制上の優遇が半端ない

確定拠出年金(iDeCo)という制度を知っていますか?

確定拠出年金とは「毎月決まった額を積み立てて、その資金を自分で運用しながら老後の備えをする公的制度」のことです。「自分で運用をする」というところがポイントですね。

公的年金や企業年金、国民年金基金などは「確定給付年金」と呼ばれ将来の年金額が確定していますが、確定拠出年金は将来支給される年金額がそれぞれの運用次第で変わってきます。

僕は数年前からiDeCoで積立運用を行っています。

なぜならばiDeCo(確定拠出年金)は税制上の優遇が半端ないからです。

確定拠出年金(iDeCo)のメリット

確定拠出年金(iDeCo)のメリットは以下の3つです。

【iDeCo(確定拠出年金のメリット)】

  1. 拠出した掛金が全額所得控除
  2. 運用益が非課税
  3. 受け取るときに「公的年金等控除」か「退職所得控除」が適用される

この3つのメリットについて説明していきます。税制上の優遇が半端ないですよ。

拠出した掛金が全額所得控除

支払った掛金は全額所得控除の対象となり所得税や住民税が安くなります。

拠出できる掛金は「会社員」か「自営業者」なのかなどで変わってきますが、自営業者やフリーランスの場合、拠出できる掛金の満額は81万6000円です。

所得税や住民税は「課税所得金額」によって税率が変わってきますが、最低税率である所得税5%・住民税10%で計算してみると以下のようになります。

年間掛金 所得税の軽減効果 住民税の軽減効果 合計
81万6000円 4万800円(5%) 8万1600円(10%) 12万2400円の軽減

拠出しただけで最低でも15%(所得税5%+住民税10%)の利回りを確実に得られることになります。

この15%の利回りは運用成果に大きな違いを生み出します。

満額の81万6000円を拠出した場合、1年で12万2400円の節税効果があります。

10年だと122万4000円…20年だと244万8000円…30年だと367万2000円…確定拠出年金は20歳から始められ60歳で引き出せるので40年間だと489万6000円の節税効果となりますね。

これは最低税率での計算だから、もし最高税率の55%(所得税45%・住民税10%)で計算すると更に大きな節税効果を得られることになるわけです。

こんなに優遇されている制度を使わない手はないですよね。税率ぶんは確実に得をするのです。

運用益が非課税

確定拠出年金の税制上の優遇は「控除」だけではありません。メリットの2つ目は「運用で得た利益が非課税」となるということです。

普通は運用で得た利益には20%の税金をとられます。

もし運用で得た利益が1000万円だったとしたら200万円を税金で取られるが、確定拠出年金で運用していたら200万円をとられません。

これはありがたいですよね。

受け取るときに「退職所得控除」か「公的年金等控除」が適用される

上記の2つだけでもお腹いっぱいなのですが、もう一つ税制上の優遇があります。

それは受け取るときに「退職所得控除」か「公的年金等控除」が適用されるということです。

確定拠出年金では受け取るときに「一時金としてまとめて受け取る方法」と「年金形式で何年かにわたって受け取る方法」があり、どちらも税制上の優遇を受けられます。

一時金としてまとめて受け取る場合

一時金としてまとめて受け取る場合「退職所得控除」というものが適用され、一時金の金額から「退職所得控除の金額」を差し引き、余った金額を2で割った金額に対し税金が必要となります。

つまり一時金の金額が「退職所得控除の金額」と同じかそれよりも少なければ税金が必要ないということになります。

この退職所得控除の金額は確定拠出年金へ「加入していた年数」で変わってきます。

計算式は以下のとおりです。

加入年数 計算式
20年以下 40万円×加入年数
20年超 800万円+70万×(加入年数-20)

例えば個人型確定拠出年金に15年加入していた場合「40万円×15」で600万円が控除額となる。30年加入していた場合「800万円+70万×(30-20)」で1500万円が控除額となります。

簡単に言えば加入年数が20年までは40万円ずつ増えていき、21年目からは70万円ずつ増えていくことになります。

加入年数が長ければ長いほど「退職所得控除の金額」は高くなるので、若いときから拠出しておきたいところですね。

年金形式で何年かにわたって受け取る場合

年金形式で何年かにわたって受け取る場合は「確定拠出年金の額+公的年金などを含めた収入額」から公的年金控除を引いて所得金額となります。

公的年金控除の金額は「収入の合計額」によって変わってきますが、60歳未満で収入の合計額が130万円以下なら70万円の控除、65歳以上で収入の合計額が330万円以下なら120万円も控除されます。

確定拠出年金のデメリット

確定拠出年金は上記のような素晴らしいメリットがある一方でデメリットもあります。

以下は確定拠出年金のデメリットです。

【iDeCo(確定拠出年金のデメリット)】

  1. 60歳になるまで引き出せない
  2. 利益が出るかはわからない

確定拠出年金のデメリットは主に2つです。

60歳まで引き出せないということは流動性リスクがあるということです。

人生で備えなければいけないお金も問題は老後だけではありません。

子供の教育資金、マイホーム資金、急な病気にだって備えていなければいけません。いつお金が必要になるかわからないものです。

確定拠出年金に拠出したお金は60歳まで引き出せません。お金が必要になったときに「確定拠出年金口座」からは引き出せないということはデメリットとして理解しておくべきでしょう。

つまり拠出は「余裕資金で行うことが大切」だということですね。

もう一つのデメリットは「利益が出るかはわからない」ということでしょう。

確定拠出年金は「確定給付年金」とは違い、自分で運用しながら老後の備えをする公的制度のことです。利益が出るか出ないかは自分の運用結果次第ということになります。

とは言っても「長期・分散・インデックス」というスタイルで運用を行なっていれば、上記した税制上のメリットから考えて利益が出ないほうが難しいだろうと僕は思っています。

さいごに

まとめると以下のとおりです。

【iDeCo(確定拠出年金のメリット)】

  1. 拠出した掛金が全額所得控除
  2. 運用益が非課税
  3. 受け取るときに「公的年金等控除」か「退職所得控除」が適用される

【iDeCo(確定拠出年金のデメリット)】

  1. 60歳になるまで引き出せない
  2. 利益が出るかはわからない

税制上の優遇が半端なく、圧倒的な節税効果を得られるが、60歳までは引き出せないので余裕資金で運用しましょう。あとは運用結果は自己責任ですよって感じですね。

ちなみに現在の僕の運用状況はこんな感じ。

60歳までコツコツと積立ていきたいですね。もっと稼いで満額拠出したい。

仮想通貨と確定拠出年金…どっちの花が咲くか見ものですね。