仮想通貨

フィッシング詐欺被害を防止するためにmetamaskを導入

Chromeの拡張機能を利用してmetamaskを導入しました。

理由は「フィッシング詐欺被害を防止するため」ですね。仮想通貨が流行ると同時に、仮想通貨関連の詐欺も頻繁に発生するようになるでしょう。

最近よく聞くのは「フィッシング詐欺」ですね。

フィッシング詐欺とは…

インターネットのユーザから経済的価値がある情報(例:ユーザ名、パスワード、クレジットカード情報)を奪うために行われる詐欺行為である。典型的には、とにかく信頼されている主体になりすましたEメールによって偽のWebサーバに誘導することによって行われる。(ウィキペディア)

悪意の第三者が会員制ウェブサイトや有名企業を装い、「ユーザーアカウントの有効期限が近づいています」や「新規サービスへの移行のため、登録内容の再入力をお願いします」などと、本物のウェブサイトを装った偽のウェブサイトへのURLリンクを貼ったメールを送りつけ、クレジットカードの会員番号といった個人情報や、銀行預金口座を含む各種サービスのIDやパスワードを獲得することを目的とする。また、DNS書き換えなどにより、正しいURLを入力しているのに偽のウェブサイトに誘導されてしまうファーミングという類似手法もある。その結果として架空請求詐欺や預金の引き下ろし・成り済ましなどに利用され、多重に被害者となってしまう、または間接的に加害者になってしまうケースも目立ってきている。(ウィキペディア)

フィッシング詐欺は年々手口が巧妙化しているみたいです。騙されないように注意していても引っかかる場合もあるかもしれません。

特に僕は仮想通貨に参入したばかりなので、自分は情弱だと思っています。

なので「怪しいサイト」にアクセスしてしまったら「警告をしてくれる」ツールがないかと思い探していたら「metamask」を見つけました。

イケダハヤト氏も推奨していましたね。余談ですが、イケハヤ氏のブログは勉強になりますね。情報量が半端ないのでおすすめですよ。

metamaskの導入方法

まずはmetamaskのサイトにアクセス。

サイトに移動すると「CHROME拡張機能を利用する」という部分があるので、そこをクリックしてください。

画像では「CHROMEに追加済み」となっている部分が「追加する」となっているはずなのでクリックしましょう。クリックすると「追加済み」になります。

あとは画面の右上にあるmetamaskのマークをクリックすると「利用規約」が表示されるので、同意すると使えるようになるはずです。

ちなみにmetamaskを導入したあとに怪しそうなサイトにアクセスしてみたら以下のような画面が表示されました。

このサイトが「クロ」なのかはわかりませんが、これからはこの画面が表示される案件に手を出さないようにしたいと思います。