-->  

ハードウェアウォレット LedgerNanoS(レジャーナノS)

【盗難対策】仮想通貨の保管はハードウェアウォレット&分散がおすすめ

投稿日:2018年1月22日 更新日:

ツイッターで「仮想通貨の資産をどこで管理していますか?」ってアンケートが出回っていました。

回答を見ていると「ぜんぶ取引所においてる」という人が半数以上。

僕は少しだけオンラインウォレットと取引所に預けていますが、資産のほとんどをハードウェアウォレットで管理しています。

どこに預ければ「絶対安全」なんてことはないのでしょうが、基本的にはハードウェアウォレットがおすすめだと思いますね。

ハードウェアウォレットとは「仮想通貨の財布」です。

ここでは「なぜハードウェアウォレットに保管した方が良いのか?」や「おすすめのハードウェアウォレット」について詳しく買いていきたいと思います。

スポンサーリンク


取引所に預けたままにしておくのは危険

なぜハードウェアウォレットに保管した方が良いのか?…それは「取引所に預けたままにしておくのは危険(リスク)だから」です。

ではどんなリスクがあるのか…それは以下のとおり。

  • 取引所が倒産してしまうかもしれない
  • 取引所がお金を持ち逃げするかもしれない
  • 取引所が出金制限を行うかもしれない
  • 取引所のサーバーがダウンするかもしれない
  • 取引所がハッキング被害にあうかもしれない

取引所には「仮想通貨(コイン)」も「パスワード」も…何から何まで預けている状況です。

取引所から切り離して保管していたら、持ち逃げされる心配もないし、取引所が倒産してもコインを失うことはありませんし、別の取引所でコインの売買を行うことが可能です。

ハードウェアウォレットは「Ledger Nano S」や「TREZOR」といった物理的な機器で保管し、オンラインと切り離しているのでハッキング被害にあう可能性も格段に減るでしょう。

自分の資産は自分で守らなければいけません。

ハードウェアウォレットは「Ledger Nano S」が「TREZOR」がおすすめ

ハードウェアウォレットで有名なのは「Ledger Nano S」と「TREZOR」ですね。

僕は「Ledger Nano S」を使っています。「TREZOR」はまだ持っていません。どちらを買った方が良いのかは、自分の保有コインとハードウェアウォレットで保管できるコインの種類によります。

Ledger Nano Sで保管できるコイン

Ledger Nano Sで保管できるコインは今のところ(18.1.22時点)では以下のとおり。

  • Bitcoin
  • Bitcoin Cash
  • Dash
  • Dogecoin
  • Ethereum
  • Fido U2F
  • Komodo
  • Litecoin
  • Stratis
  • Zcash
  • Hello
  • Ripple
  • PoSW

僕が「TREZOR」ではなく「Ledger Nano S」を購入し使っているのは「リップル」を保管できるからです。「TREZOR」はリップルに対応していません。

TREZORで保管できるコイン

TREZORで保管できるコインは今のところ(18.1.22時点)では以下のとおり。

  • Bitcoin
  • Bitcoin Cash
  • Bitcoin Gold
  • Dash
  • Ethereum
  • Ethereum Classic
  • Zcash
  • Litecoin
  • Ethereum系トークン

こちらも主要なコインには対応していますね。

リップルを保持していなければ「どっちでも良い」のではないでしょうか。

どっちが使いやすいかは、両方を使っていないのでわかりません。個人の主観でしかないのですが、「Ledger Nano S」は使い方が簡単でしたよ。サクッと扱うことができました。

購入先は公式が一番安全

購入先はそれぞれの会社の「公式サイト」からの購入が一番安全でしょう。

公式以外でも販売されているようですが、詐欺にあわれた方もいるようなので注意してください。

Amazonとかメルカリで購入するのは「やめましょう」と言っている人は多いですね。ちなみに僕は情弱だったのでAmazonで買いました。買い直そうかな…。

Ledger NanoS

TREZOR

値段は「Ledger Nano S」の方が安いですね。

ハードウェア以外なら分散保管を考えたい

もしハードウェアウォレットが手元になかったり、導入するつもりがなかったら、せめて分散して仮想通貨を保管しておきましょう。

例えば…次の2つの方法なんかは簡単にできます。

  • 複数の取引所に仮想通貨を分散する
  • オンラインウォレットを使って仮想通貨を分散する

仮想通貨の取引所を複数開設しておきます。そしてそれぞれの取引所に仮想通貨を振り分けます。

例えば…「Zaif」「coincheck」「bitFlyer」「BINANCE」を開設したとします。

で、10ETH持っていたら、Zaifに2.5ETH…coincheckに2.5ETH…bitFlyerに2.5ETH…BINANCEに2.5ETH…というふうに分散します。

さすがに全ての取引所が同時にハッキング被害にあったり、倒産したり…ということは考えられにくいですよね。リスク軽減の効果はあるでしょう。

盗まれてからでは遅いですよ。すぐに行動しましょう!

自分は大丈夫だろ…なんて思っていると危険ですよ。

過去には「マウントゴックス事件」が起こりました。資産を失ってから「行動しておけば良かった」と思っても「あとのまつり」です。

仮想通貨は「ハードウェアウォレット」&「分散」で管理し、リスクを軽減しておきましょうね。



スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

オキナカ

三足のわらじを履いて奮闘中(個人事業主・投資家・ブロガー)/株と仮想通貨で資産運用/本業収入の約20%をインデックス投資信託へ・副業収入の一部は仮想通貨へ投入/収入を最大化し、稼いだ資金を投資する/お金持ちになるためにリスクをとる

-ハードウェアウォレット, LedgerNanoS(レジャーナノS)

Copyright© GROW RICH , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.