仮想通貨

投資の神様バフェット曰く「仮想通貨は悪い結末になる」…ということで…

どうもオキナカです。

投資の神様と言われるバフェットが仮想通貨に関して否定的なコメントを発しましたね。

バフェット氏は10日にCNBCとのインタビューで、「仮想通貨は総じて悪い結末に至るだろうと、ほぼ確信を持って言える」と発言。「それがいつ起こるのか、どのように起こるのかなどは分からない。ただし、これだけは分かっている。全ての仮想通貨について5年物のプットを買うことができるなら、私は喜んでそうするだろうが、10セント分すらもショートにすることは決してない」と述べた。(ブルームバーグ)

ちなみに「プット」というのは「売る権利」のことで、価格が下落することにかける行為のこと。

つまりバフェットは「5年以内に仮想通貨の価格は暴落する。確実にだ!」と言っているのです。

逃げ時、撤退時期を考えておく

バフェットは投資の神様と言われるくらいの実績のある投資家です。

バフェットは2000年頃に「ITブーム」が起こったときも静観し「ITバブル崩壊」から逃れ、崩壊後にIT株へ投資を行い儲けています。

天才的な分析力、タイミングを待つ辛抱強さなどなど…投資においてバフェットより優れた人はいないのではないか…と僕は思っています。

そんなバフェットが「仮想通貨は悪い結末になる」というのだから肝に銘じておく必要があるでしょう。

ということで、オキナカは仮想通貨からの「逃げ時」「撤退時期」を考えておこうと思います。

それが「いつなのか」の名言は難しいですが、これは「加熱しすぎだ」と感じたら、資金を回収していこうと考えています。

とりあえず2018年は「稼ぎどき」であることを祈っています。

与沢氏もツイッターで書いていましたが、相場が大暴落したときに「多額の現金」を握りしめておき、安くなった有望な銘柄を「どれだけ買えるか」が重要ですね。

致命傷を負わずに済むように注意したいです。

稼ぎに目がくらんで盲目にならない…まずは生き残ることを考えたいですね。