仮想通貨

Bitcoin投資家の22%は借りたお金で仮想通貨だと…それは「破滅の道」

いや〜下記リンクのNEWSを見てビックリしましたね。

個人向けローンリサーチ会社のLendEDUによると、なんと「Bitcoin投資家の22%は借りたお金で仮想通貨を買っている」ようです。

まさに「破滅の道」への第一歩…。

余剰資金で投資を行うことが大切

紹介した記事でも買いてありますが、投資は「余剰資金」で行うことが大切です。言いかえれば「失っても正気を保てる」ようにしておくことが重要だということです。

まぁ失っても大丈夫なお金なんて基本的にはないのでしょうが…。

ただ借金をしてまで…生活費に手を出してまで行うのは危険ですね。

前回の記事でも書きましたが、仮想通貨はボラリティ(価格変動)が激しいです。数十万円を儲けたと思ったら、数十万円を損しているときもあります。

僕は仮想通貨に参入して1ヶ月で80万円の利益をあげましたが、その1週間後には30万円ほど損しています。

あわせて読みたい
評価額100万円が1週間で60万円に…これは…買いましや!どうもオキナカです。 ちょうど1週間前…僕は浮かれていました…。 仮想通貨恐るべし。約1ヶ月で20万円が100万円になってる...

記事にも買いていますが、価格が暴落したときに「買い増しや!」なんて言えるのも、余剰資金で投機を行っているからですね。

投機資金が欲しければ「削る」か「稼ぐ」

どうしても仮想通貨への投機資金が欲しいのであれば「削る」か「稼ぐ」ことをおすすめします。

削るとは「節約する」ということですね。

例えば「たばこ」を吸っているのであれば、禁煙して資金を捻出しましょう。1日1箱削ることができれば、ひと月で1万2000円くらいは捻出できるのではないでしょうか。

他にも「缶コーヒー」を買わない…晩酌や飲み会を我慢する…なんてだけで数万円が用意できます。

節約はできない…って場合は「稼ぐ」しかないですよね。

稼ぐ方法はいくつかありますが「副業」を行うのも一つの方法でしょう。

例えば「クラウドワークス」は在宅でネットでできる副業として有名ですが、アンケートに答えたり、自分の得意分野の記事を書いたりするだけでも、ある程度の収入になります。

節約するのが嫌な場合はおすすめですね。

まぁ登録は無料なので、サクッと開設して「自分にできる仕事」はあるか探してみてはいかがでしょうか。

あとは1回きりの方法になりますが、アフィリエイトのASPに登録して「セルフアフィリエイト」を行ってはいかがでしょうか。

例えば「A8.net」というASP(日本最大手)があります。

ここに登録して、中段くらいにある「お得なセルフバックを利用しよう」から「クレジットカード」を作ったりすれば「報酬」がもらえます。

まぁ企業としてはクレジットカードを使ってくれるなら、あとで手数料などで儲けられるから、最初に甘い誘惑で勧誘したいのでしょう。

ちなみに僕はセルフバックだけで5万円ほど得ることができました。

結局「何が言いたいのか?」というと…「間違っても「借金」したり、クレジットカードなどて購入して、金利地獄にならないようにしましょう」ということです。

そうやって破滅の道を進まないように「削る」か「稼ぐ」かを考えてくださいね。

投機は「余剰資金」で!