お金の話

【削っちゃダメ】夫の小遣いが少ないと出世できない3つの理由

家計をプラスにするために「支出を減らす」というのは常套手段です。そして「何を削るか?」となったときに、真っ先にターゲットとなるのが「夫の小遣い」でしょう。

ただ「夫の小遣いはケチらないほうが良い」ですよ。

なぜ小遣いをケチらないほうが良いのか。それは「小遣いが少ないと出世しない可能性が高くなる」からです。出世しないと稼ぎが少なくなります。

支出を減らしても稼ぎが少なければ意味ないですよね。

ではなぜ夫の小遣いが少ないと出世に響くのでしょうか?そこには3つの理由があります。

コミュニケーション量が低下する

エン・ジャパン株式会社が運営する人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」では、サイトを利用している転職コンサルタントを対象に「出世する人、しない人」のアンケートが行われました。

そのなかで58%のコンサルタントが「出世できないのはコミュニケーション・問題解決・業務遂行能力の低い人」と答えています。

仕事における「コミュニケーション能力」と「小遣い」には大きな関係があります。

小遣いが少ない夫は「お金を節約するため」に昼食を一人で安く済ませたり、飲み会へ参加せずに帰宅します。たばこ代も節約し喫煙所での雑談にも参加できないでしょう。

そうなるとコミュニケーション能力が向上しません。

コミュニケーション能力を高めるためには訓練が必要

最初からコミュケーション能力に優れた人もいるでしょうが、多くの場合コミュニケーション能力は磨かれるものです。

コミュニケーション能力を高めるには「いろいろな人と話す機会を作る」ことが重要です。いろんな人と話すことによって、様々なタイプとの接し方を学ぶことでしょう。

コミュニケーション量が増えることで、コミュニケーション能力が向上するのです。

みんなとのランチや飲み会をキャンセルし続けると、いろいろな人と話す機会を失いコミュニケーション能力が磨かれない可能性が高まります。

飲み会も喫煙所での雑談も「コミュニケーション能力の向上」に欠かせないものなのです。

もう一度書いておきますが、58%のコンサルタントが「出世できないのはコミュニケーション・問題解決・業務遂行能力の低い人」と答えています。

自分の旦那は「コミュニケーション能力が低い」と感じるならば「交際費」ぶんのお小遣いは削っちゃいけません。

自己投資をできず成長力が落ちる

仕事ができる人をイメージしてください。どんな人ですか?

僕の考える仕事ができる人のイメージの一つは「成長し続ける人」です。そして成長し続ける人は「常に学び続けている人」だと思います。

学ぶ手段は様々ですが、よくあるのは本を読んだり勉強会への参加することでしょう。

小遣いが少ないと「本を買えない」ですね。それでは成長のための自己投資ができません。

成長のための自己投資として「英会話に通う」人もいますが、自己投資をする資金がなければ、英会話などの勉強会へ参加することもできません。

有名な話ですが株式会社楽天の社内公用語は英語であり、昇格の要件としてTOEICのスコアがあります。

楽天だけではありません。はっきりと方針を打ち出しているか打ち出していないだけで、どこの会社でも語学力がない人より、語学力に優れた人の方が出世しやすいでしょう。

出世するためには成長し続け、能力を身につけることが大切です。そのためには「資金」が必要です。

人は見た目が9割

アメリカのテキサス大学オースティン校ダニエル・ハマメッシュ教授の研究によると、見た目が良い人は悪い人に比べて17%も収入が高いことがわかったそうです。

生涯年収では+4760万円もの差があるようです。

人のイメージをつくる6大要素というものがありますが、その一つはビジネスツール(オブジェクト・もの)です。

服装、鞄、スマホカバー、手帳などの持ち物が人の印象を変えてしまいます。

またビジネスツールは見た目だけでなく、仕事の効率や生産性も高めます。

お小遣いをケチってビジネスツールを買えないことが、結果的に4760万円もの損失につながるかもしれませんよ。

まとめ

夫の小遣いが少ないと出世できない理由はいかがでしたか?納得できましたか?

お小遣いが少ないと以下のことが起こります。

  1. コミュニケーション量が少なくなりコミュニケーション能力が磨かれない
  2. 自己投資ができず成長が鈍化する
  3. 見た目で損をする

これらの結果として出世ができず、収入が上がりません。

「交際費」「研究費」「ビジネスツール」に関する支出は黙認してあげるたほうが「夫が出世する」可能性が高まることでしょう。

もし「黙認できるほどの余裕がない」のであれば、副業をして稼いでみてはいかがでしょうか?継続して頑張れば「意外と稼げる」もんですよ。

夫のために妻が頑張る…もしくは旦那が小遣いを自分で捻出するために副業する…どちらかで対応したいところですね。

ちなみに僕は「副業で小遣いを捻出」しています。今のところ「毎月の小遣い3万円+副収入2万〜5万円」をGETできているのでけっこう裕福です。

最近は稼いだ資金を使ってスペイン語の学習に励んでいますよ!

あわせて読みたい
【夫の小遣い事情】年収の何割が妥当か。世間の平均・相場はいくらなのか月々のお小遣いってどれくらい貰っていますか? お小遣いの額はどうやって決めていますか? 以前の僕は「お小遣い足りないよ〜。も...
あわせて読みたい
サラリーマンの副業事情。「どんな職業」で「どれくらいの副収入」を得ているのかどうもオキナカです。 普通のサラリーマンがお金持ちになるためには「収入を最大化」し、稼いだお金を「ポートフォリオ資産」へと投資して...