Darumaの意見

子供の学資保険は自分が死んだときのリスクを最優先に考えた選択をした

子供の教育資金はどのように準備していますか?

子供が生まれてから決意したことの1つに「お金が理由でこの子が夢を諦めるようなことはしたくない」ということがあります。

この子は将来どんな夢を追うのだろうか?

我が子が抱いた夢を「どんなことがあっても応援したい」と思うのは親として当然のことですよね。

だから子供の教育資金の捻出するために「学資保険」に加入し備えようと考えました。

しかしファイナンシャルプランナーに相談したところ「子供の教育資金は学資保険だけでなく、低解約払戻金型終身保険もオススメですよ」ということで、それに加入しました。

なぜ低解約払戻金型終身保険に加入したのか。

それは「子供の夢を応援できなくなる最大のリスクに備えるため」です。

低解約払戻金型終身保険とは

低解約払戻金型終身保険は、一生涯保証が続く終身型の死亡保険の1つです。

通常の保険よりも保険料払込期間の解約払戻金を抑えることにより、一般の終身保険よりも保険料が安くなっています。

保険料払込期間中に解約すると、支払った保険料よりも少ない額しか戻ってこない「元本割れ」の状態になりますが、保険料の払込期間が終われば、保険料の総額を上回る解約払戻金が受け取れます。

  • 一生涯保証が続く終身型の死亡保険の1つ
  • 一般の終身保険よりも保険料が安くなっている
  • 保険料払込期間中に解約すると「元本割れ」の状態になる
  • 保険料の払込期間が終われば、保険料の総額を上回る解約払戻金が受け取れる

低解約払戻金型終身保険のメリット

低解約払戻型終身保険のメリットは以下のとおりです。

  • 万が一のことがあっても教育資金を確保できる
  • 解約しなければ払戻率は上がり続ける
  • 老後資金として活用できる

万が一のことがあっても教育資金を確保できる

僕がこの保険にした最大の理由はコレですね。

学資保険も死亡したときは保険料が免除になり満期額を受け取れることができます。

しかし低解約払戻金型終身保険の場合は死亡保険金を受け取ることができるので、死なずに保険金を払い続けた額よりも多くの保険金を受け取ることができます。

僕が加入している保険だと、死亡した場合400万円の死亡保険料を受け取ることができます。満期時の約240万円よりも手厚い保障を受けることができます。

少しくらい払戻率が劣っていたとしても、自分が生きていれば働くことでカバーすることができます。しかし死亡した場合はどうすることもできない。

だから僕は万が一のときの保証が手厚い「低解約払戻型終身保険」のほうが、子供がお金を理由に夢を諦める確率が減ると考えたのです。

解約しなければ払戻率は上がり続ける

僕が子供の教育資金を低解約払戻型終身保険で準備した最大の理由は上記しましたが、それ以外にもこの保険は魅力的なところがあります。

それは払込期間終了後も解約しなければ払戻金が増えていくので、資金を寝かせる期間が長いければ長いほどお金が増えていきです。

僕は資金に余裕があったので「払込期間」を短くし、資金を寝かせることにしています。

例えばこのお金は子供の大学資金として考えていますが、払込期間は子供が0歳のときから15歳のときで設定しています。

その後は支払金がないまま資金を寝かすことになるので、実際のところ学資保険よりも払戻率は高くなります。

もし資金に余裕があるのであれば、支払期間を短くすることで学資保険よりも払戻率を高くすることができるのでおすすめです。

老後資金作りとしても活用できる

上記で説明したように、解約しなければ解約払戻金は増えていきます。

あくまでも教育資金として準備しますが、そのときに家計に余裕があったり、子供が大学へ進学しなかった場合、解約をせずに老後資金としても運用することができます。

加入している保険は僕が44歳のときに保険料の払込が終了しますが、その時点で解約すると、保険料総額224.6万円に対し解約払戻金が243.8万円で払戻率は108.5%です。

しかし44歳の時点で解約をせずに寝かせておいて、65歳のときに解約すると、保険料総額224.6万円に対し、払戻金は309.4万円で払戻率は137.7%です。

子供の教育資金として使わなければ、65歳まで資金を寝かせて老後に活用します。

もし子供の教育資金として活用しなければ、低リスク資産としてアセットアロケーションに加えるつもりです。

低解約払戻金型終身保険のデメリット

低解約払戻金型終身保険にはデメリットも存在します。それは以下のとおりです。

  • 払込期間中に解約すると損をする

払込期間中に解約すると損をする

低解約払戻金型終身保険の特徴は、保険料払込期間の解約払戻金を抑えることにより、一般の終身保険よりも保険料が安くなっているということです。

途中で解約をしてしまうと、学資保険や通常の保険よりも大きく損をしてしまいます。

払込期間が15年の低解約払戻金型終身保険の場合、解約払戻率は1年目で41.0%、5年目で65.8%、10年目で70.7%、15年目で75.0%となります。

満期まで支払うことができずに途中で解約してしまうと大きく損をします。

無理のない範囲で加入することが大切ですね。

つまり極端に払込期間を短くして、毎月の支払金額が高くなってしまうと、それだけ家計を圧迫することになるので注意しましょう。

学資保険よりも低解約払戻金型終身保険がおすすめ

上記で低解約払戻金型終身保険のメリットとデメリットを解説しましたが、僕がこの保険を選んだ最大の理由は「死亡したとき」に多くの資金を子供に残してあげられるから。

その点だけでも低解約払戻金型終身保険のほうが学資保険よりも魅力的だと感じました。

子供の夢を応援できなくなる最大のリスクに備えることを何よりも優先しました。

それ以外にも低解約払戻金型終身保険は最短で10年の払込期間を選べるので10年で保険料を支払い、大学進学まで据え置くことができれば得することができますよね。

さらにもし解約する必要がなければ老後資金として活用することもできます。

途中解約さえしなければ、子供の教育資金としておすすめです。もし「こども保険」や「学資保険」だけしか知らなかった人は一度検討してみてはいかがでしょうか?