お金の話

お金は限界まで使え!堀江氏と前澤氏のお金の使い方に感銘を受けた

最近「お金の使い方」に関する記事を読んで感銘を受けているオキナカです。

お金をどうやって「稼ぐ」「貯める」「増やす」のか…という部分はよく考えるのですが、お金をどのように「使う」のか…は正直考えたことがありませんでしたね。

今回「新R25」というサイトの「マネ凸〜マネー賢者に切り込むお金の話〜」で「堀江貴文氏」と「前澤友作氏」のインタビューを読んだのですが、2人の「お金の使い方」に感銘を受けたので紹介します。

お金は限界まで使え。堀江氏&前澤氏の語録を紹介

2人のインタビュー記事の中で、特に感銘を受けた部分を紹介します。

まずは堀江氏語録から。

【堀江氏語録】

  • 現金は1ヶ月で使う分ぐらいしか持ってない。それ以外は全部使っちゃう
  • とにかく面白いことをやりたいだけ
  • 有り金は全部つかえ

【関連記事】ホリエモンにお金について突っ込んだけど、何を聞いても価値観はひとつだった

続いて前澤氏語録を紹介します。

【前澤氏語録】

  • お金はいっさい貯めない。35億円がすぐなくなります
  • 限界までお金を使うことが明日の自分への投資となる
  • 少しずつお金を使ってもたいした体験はできなくて、自分自身は何も変わらない
  • お金は自分が楽しいと思うことや、人を喜ばせるために使うと増える

【関連記事】限界まで使え。“世界の前澤”が語る「お金を増やす方法」はシンプルだった

2人とも「お金を貯めていても仕方ない」「とにかく使え」「自分が楽しい面白いと思うことや人を喜ばせるために使え」という部分が共通していますね。

  • 現金は1ヶ月で使う分ぐらいしか持ってない?
  • 35億円がすぐなくなる?

2人ともスケールが違いますね。もっと資産を貯め込んでいるのかと思っていました。

お金は「ちょこちょこ使ったって、何も変わらない」

前澤氏は「お金を限界まで使う理由」をツイッターで説明されていました。

お金が増えずに減っていくパターン

少しずつお金を使ってもたいした経験はできなくて、自分自身は何も変わらない…確かにその通りかもしれませんね。誰にでもできる経験は「特別」ではありません。

価値は「希少性」から生まれたりしますよね。人と違う「経験」や「もの」を手に入れてこそ、自分自身に価値がついていくのかもしれませんね。

お金は使えば使うほど増える理由

前澤氏は123億円で「バスキア」を購入しましたが、レオナルド・ディカプリオから連絡が来て自宅に招待されたそうです。※ディカプリオもバスキアのファンだったらしい。

少しずつお金を使ってもたいした体験はできなくて、自分自身は何も変わらない。

それなら一気に使って面白いを体験してみる。そうやってお金を使うと、人に出会えるチャンスが増えたり、新しいコミュニティができたり、いろいろ新しいことが起こる。

それが前澤氏の「お金の使い方」のようですね。

前澤流お金の使い方は子供の頃からで金額の大小関係ない

俺には123億円の「バスキア」は買えないよ…という意見も聞こえてきそうですが、「お金を限界まで使え」というのは「金額の大小関係ない」と前澤氏は言っています。

自分の趣味を突き詰めるために使ってもいいし、人を思いっきり喜ばせるために使ってもいい…とにかく「一気に使って面白いを体験してみたら」何かが起こるのかもしれませんね。

お金の「使い方」によって人生が変わる

冒頭にも言いましたが、僕はお金をどうやって「稼ぐ」「貯める」「増やす」のか…という部分はよく考えるのですが、お金をどのように「使う」のか…は正直考えたことがありませんでしたね。

お金の使い方によって「人生が変わる」…そんな経験をしなければいけないような気になりました。う〜ん何に使おうかな…何も思い浮かばない…。

ところでお金をあげるから「何か面白いことに使って」と言われたらどうしますか?

R25で前澤氏のインタビュー記事のスピンオフ企画を検討しているそうですよ。

前澤氏がお金を出してくれるそうです!スケールがでかいな。