30代男性の健康事情

太りやすい体質は言い訳。肥満は生活習慣が原因

人はなぜ太るのでしょうか?

もしも、あなたが「自分が太っているのは体質のせい」「親も太っているので自分が太っているのは遺伝のせい」だと思っているのなら、まずは認識を改める必要があるでしょう。

確かに遺伝は肥満に影響を与えます。肥満遺伝子というものも発見されました。しかしながら多くの場合、太る原因は生活習慣で遺伝の影響は30%程度です。

太りやすい体質は言い訳です。太る原因となっている生活習慣を見つめ直さなければ、肥満を改善することなどできませんよ。

太る原因(生活習慣)をチェックし改善しよう

太る原因の7割は悪い生活習慣です。

まずは太る生活習慣をチェックしましょう。以下の項目に当てはまる人は注意が必要です。

高カロリーの食事(脂っこいものが好き)

太っている人は高カロリーの食べ物を多く摂取している可能性が高いです。特に脂っこいものはカロリーが高いです。

唐揚げ、カツカレー、カツ丼、天ぷら、ピザなど…美味しいですよね。

一度自分の食生活を見直してみましょう。高カロリーの食べ物…ジャンクフードばかり食べていませんが?野菜やビタミン、ミネラルなどの栄養素もバランスよく摂取しましょう。

脂っこい高カロリーの食事は「太る原因」のひとつです。

アルコール(お酒)の過剰摂取

お酒にもカロリーがあります。

ビールは約40カロリー、ワインは約70カロリー、日本酒は約100カロリー、焼酎は約150カロリー、ウイスキーは約240カロリーです(お酒100mlあたりのカロリー)。度数が高くなるにつれてカロリーも高くなります。

そんなにカロリーは高くないように感じますが、何杯も飲んでいるとあっという間に1000カロリーを超えてしまいます。

またアルコールを摂取すると、肝臓で中性脂肪が合成されます。その中性脂肪は体脂肪へとなるので注意が必要です。

中性脂肪が増えすぎると、肥満や脂肪肝、動脈硬化へとつながります。生活習慣病へとまっしぐらですよ。

あわせて読みたい
内臓脂肪と生活習慣病の関係。肥満を放置していると危険30歳を超えたあたりから「太った」と感じていませんか? 特にお腹周りのサイズが大きくなった…と悩む中年男性も多いことでしょう。 ...

おやつ(間食)の習慣化

食事をそんなに食べていないのに「なぜか太ってしまう」という人は、間食を摂っている可能性があります。

お菓子を食べたり、飴をなめたり、ジュースを飲んだりしていませんか?

ちょっとだけだと思っていても、これらにはカロリーがあります。少しずつが積み重なれば大きなカロリーとなります。

一度、自分がどれくらい間食していて、どれほどのカロリーを摂取しているのかを調べてみてはいかがでしょうか?

食事を記録(レコーディング)してみると意外な落とし穴が見つかるかもしれませんよ。

運動不足

太るのは消費カロリーよりも摂取カロリーが多いからです。逆の言い方をすれば、摂取カロリーよりも消費カロリーの方が多ければ太りません。

高カロリーの食事を避けたり、アルコールの摂取量を減らしたり、間食を食べないようにするのは「摂取カロリー」をコントロールする役割があります。

逆に運動を行うことは消費カロリーをコントロールする役割があります。

運動不足が原因で太っていると感じるのであれば、通勤する際にエスカレーターやエレベーターではなく階段を使ったり、週に2回程度の筋トレを行ってみてはいかがでしょうか?

代謝がアップして肥満を解消できるかもしれませんよ。

あわせて読みたい
【中年太り】30歳を超えると「太りやすくなる」のは代謝が原因最近は「お腹が出てきた…」と悩んでいませんか?厚生省の国民栄養調査によると近年は30歳〜60歳代に肥満の人が増えるみたいです。 男...

体質改善のためにはカロリーコントロールと運動が大切

そもそも、肥満遺伝子を持っていたとしても、過食を避け、適度な運動をしていれば太りません。摂取カロリーよりも消費カロリーの方が多ければ太りません。

生活週間が肥満へ及ぼす影響は7割を占めるので、まずは生活週間を見直すだけでダイエットの成功率が高まるでしょう。

まずは上記で挙げた「太る生活習慣」で当てはまるものがあれば改善しましょう。

できる限り「ダイエットの成功率を高めたい」「無駄な努力を省きたい」という方は、自分の肥満遺伝子を知るために検査をしてみてはいかがでしょうか。

肥満遺伝子が肥満へ及ぼす影響は3割ですが、自分の体質を知ることで「自分に必要な栄養素」「自分にとって太りやすい食べ物は何なのか?」「自分に適した運動」「太りやすい部位」などがわかります。

これらの情報を得て生活習慣に活かせば、ダイエットの成功率は高まること間違いなしですね。

【肥満遺伝子の検査方法】

肥満遺伝子は「DNA SLIM」という会社で検査キットを購入し、自分の口腔粘膜や爪を送ることで知ることができます。2〜3週間で分析レポートが届きます。

「DNA SLIM」では遺伝子の分析結果や食事や運動のアドバイス、最適なダイエットプランを提示してくれます。

興味のある方は自分の遺伝子を調べ体質を知りダイエットへ活かしてみてはいかがでしょうか。