30代男性の健康事情

BMIと体脂肪率の2つの指標で肥満度をチェック。体質を正しく診断しよう

自分が「肥満」なのか「普通」なのか「痩せ」なのか…「何を基準」に判断していますか?

健康診断や人間ドックなどで「肥満ぎみ」や「普通」などといった判定が行われますが、これらは多くの場合「標準体重」を基準に判断しています。

標準体重は「人が最も健康的に生活ができる」と統計的に認定された「理想的な体重」のことです。標準体重を考えるうえで世界共通の指標として「BMI」というものがあります。

BMIとは「身長の二乗に対する体重の比で体格を表す指数」で、このBMIが22のときに高血圧、高脂血症、肝障害などの有病率が最も低くなるということがわかっています。

だからBMI値が22となる体重を「標準体重」として推奨しているのです。

しかし標準体重は健康指数を示す数値ですが、体内に含まれる「脂肪の割合(体脂肪率)」が考慮されていません。

つまり標準体重では「脂肪と筋肉の割合」という体重の「中身」が無視されているのです。

より正確に自分の体質を診断するには「BMI」と「体脂肪」の2つの指標でチェックする必要があるので、興味がある人は以下の内容を参考にしてください。

BMIと体脂肪率の2つで肥満度チェック

なぜ2つの指標でチェックした方が良いのか。それはBMI値は標準でも、脂肪の割合が高い「かくれ肥満」の可能性があるからです。

逆に、体重か重くBMI値が高くても筋肉量が多い「固太り」の可能性もあります(脂肪よりも筋肉のほうが重い)。固太りはアスリートに多いタイプですね。

固太りの場合はBMI値が高くなりますが「あなたは肥満なのでダイエットしてくださいね」とはなりませんよね。

これらのことを考えると、自分の身体が「痩せているのか」「太っているのか」それとも「普通なのか」はBMI値だけでは判断できません。

BMI値に加えて体脂肪率も一緒に測定することが大切なのです。

2つの指標で体質をチェック

画像は縦軸が体脂肪率、横軸がBMI値です。それぞれが交わるところが自分の体質だと判断してください。

例えば男性で体脂肪率が25%でBMI値が22の人は「隠れ肥満」という診断になります。

BMI値が22の人はBMI値だけで判断すれば「ふつう」と診断されますが、2つの指標でチェックを行えば「隠れ肥満」という診断になります。

隠れ肥満は見た目ではわからないため、肥満であるという自覚が持てなかったり、周りからも肥満を指摘されることがないでしょう。

実は「隠れ肥満」なのに気がつかないまま生活を続け、更に「肥満」が進み、その結果「生活習慣病」を引き起こすかもしれません。これは非常に危険なことです。

BMI値だけでは「肥満」かどうかは判断できないことを理解し、BMI値と体脂肪率の2つの指標を重ね合わせることで自分の体質を診断することが大切ですよね。

肥満の医学的な定義は「身体の脂肪が多いこと」

肥満の医学的な定義は「身体の中の脂肪が多いこと」です。

同じ体重でも体脂肪率は人によって異なります。体重が重ければ「太っている」…体重が軽ければ「痩せている」というわけではないのです。

体重が軽いという理由だけで「痩せている」と思っていても、実はスキニーファット(筋肉がなく体脂肪率が高いやせっぽち)の状態かもしれません。

BMIと体脂肪率の2つの指標を重ね合わせて判断することで「身体の質」も評価できます。

内臓脂肪が多いと様々な生活習慣病を引き起こすリスクが高まります。自分の体質を正しく判断し問題がある場合は体質改善のプログラムに取り組むことが大切です。

あわせて読みたい
内臓脂肪と生活習慣病の関係。肥満を放置していると危険30歳を超えたあたりから「太った」と感じていませんか? 特にお腹周りのサイズが大きくなった…と悩む中年男性も多いことでしょう。 ...

自分が「隠れ肥満(スキニーファット)」かもしれないと思ったら「筋トレ」を行いましょう。おすすめの筋トレ方法はBig3ですよ。