オキナカの意見

人を動かすポイントは自分以外の視点。カーネギーからリーダーシップを学ぶ

30歳を過ぎるとリーダーシップを発揮しなければいけない場面が多くなりますよね。

リーダーとしてプロジェクトを成功させたい!そう考えたときに大切なのは「チームの団結心を高め」たり「ひとりひとりの能力を最大限に引き出す」ことではないでしょうか。

しかしながら「思うように人が動いてくれない」と感じることがありませんか?

なぜこちらの意図をわかってくれないんだ?リーダーとして相手を引っ張ろうと思えば思うほど歯がゆさを感じることがありますよね。

そんなときに読んで欲しいのが、D・カーネギーの著書「人を動かす」です。

「相手のことを考えられなければ人を動かすことはできない」そう教えてくれます。

人を動かす3原則は「非難しない」「素直に評価する」「欲求を誘う」

カーネギーは「人を動かす」ときに重要な3原則を著書の中で紹介しています。

【カーネギーの人を動かす3原則】

①批判も非難もしない。苦情もいわない

②素直で誠実な評価を与える

③相手の欲求を理解し誘う

カーネギーの「人を動かす」は1937年に初版が発行され、累計で1500万部を売り上げた自己啓発本です。不朽の名作ですね。

その本のなかで書かれている「人を動かす3原則」は①批判も非難もしない。苦情もいわない。②素直で誠実な評価を与える。③相手の欲求を理解し誘うということ。

誰かに自分の望むことをさせるためには「自分以外の視点」、つまり相手の立場になって物事を考える必要があるということ…僕はそう解釈しました。

批判は相手の反抗心を起こす

カーネギーは批判は相手の反抗心を起こすと言っています。…間違いないですね。

ACジャパンの「こだまでしょうか」のCMを思い出しました。

「遊ぼう」っていうと「遊ぼう」っていう。「ばか」っていうと「ばか」っていう。

「もう遊ばない」っていうと「遊ばない」っていう。

そうして、あとでさみしくなって、「ごめんね」っていうと「ごめんね」っていう。

こだまでしょうか、いいえ、だれでも。

相手にどのような反応を求めているのか?

相手に求めている反応を、自分が相手にしなければいけないですね。

威厳を発揮することは大切ですが、威圧的な態度で相手を支配し「思い通りに動かそう」としても無駄です。

相手に怒りをぶつければ、相手は怒りを返してくるでしょう。自分の態度や発言によって相手をどうのように変えたいのかを考えなければいけませんね。

目的は「相手を打ち負かすこと」でも「支配すること」でもありません。リーダーシップを発揮しプロジェクトを成功させることなのです。

相手を認めることから始める

自分が部下だった場合、どういう上司だと「やる気」がでて「この人のために」という気持ちになるでしょうか?

自分をコマの一部のように邪険に扱う上司でしょうか?それとも自分を重要な人物だと認め尊重してくれる上司でしょうか?

当たり前ですが「重要な人物だと認め尊重してくれる上司」ですよね。

上司に「俺についてこい」と言われても、ただ命令されているだけでは「やる気」は起きません。おそらく「自主性」も生まれないでしょう。

重要な人物だと認め尊重されていると感じるのは「判断を任されたとき」や「仕事ぶりを認めてもらえたとき」ですね。

どんな状態であれポジティブなアクションを起こし上司の期待以上の成果を上げて評価される部下もいますが、それは「部下の能力・ポテンシャル」であって、上司のリーダーシップがそうさせたわけではありません。

ひとりひとりに最大限の力を発揮してもらうためには「やる気スイッチ」を押してあげて「この人のために」と思わせるリーダーシップが必要でしょう。

その鍵は「相手を認めること」です。

自分が認められるようなパフォーマンスを部下が見せてくれたら信用する…なんて上から目線で接するのではなく、まずは「部下の良いところ」を探して任せてみましょう。

相手の利益を考える

客というのものは自分で買いたいのであって、売りつけられるのは嫌なのだ。それにもかかわらず、セールスマンの大多数は、客の立場で考えて売ろうとしない

カーネギーは「人の行動は、何かをほしがることから生まれる」と考えています。

リーダーとして人を動かそうと考えた場合に「自分の思い」や「自分のやりたいこと」ばかりが優先され命令しているだけでは「人は動きません」。

人を動かしたければ、動かそうと思っている「相手の利益を考える」ことが重要です。

自分にとって何のメリットも感じないのに「尽くせる」ほど献身的な人などいませんよね。

そういった部分もコントロールできてこそのリーダーシップなのだと痛感しました。

上から目線で「最近の若いやつは」とか「根性がない」とか言っている人は、ダメな理由を外的要因に求めるのではなく、自分のリーダーシップを見つめ直す姿勢が必要ですね。

会社のために…上司のために…なんて思って行動している若手なんて「いない」と考えたほうが良いですよ。自分の利益を感じられなければ「動けない」のは当たり前です。

人を動かすポイントは自分以外の視点

人を動かしたいのであれば、動かしたい人の立場になって物事を考える必要があります。

部下が思うように動いてくれない…そう感じている人は「自分以外の視点」というものが足りないと考え、自分の行動を見つめ直してみましょう。

カーネギーの「人を動かす」は「人を動かす3原則」だけでなく、「人に好かれる6原則」「人を説得する12原則」「人を変えるための9原則」についても言及しています。

  • うまくリーダーシップを発揮できない
  • 人間関係に悩んでいる
  • 売り上げが伸びない

上記に該当する人は絶対に読んで損のない本だと思います。