美味しかったもの

【ランチ情報】明石駅周辺で肉料理を食べたければ「TOROROSSO」がおすすめ

どうもオキナカです。明石の名物と言ったら「明石ダコ」ですよね。明石海峡の激しい潮流にもまれて身が締まったタコは絶品です。

タコだけではありません。明石駅を南にくだり「魚の棚商店街」へ行けば美味しそうな海鮮に出会うことができる…。そう…明石と言えば「海鮮」が有名なんです。

でも毎日のように海鮮を食べたいわけじゃない…。たまには肉料理も食べたい。そんな気持ちになりませんか?

僕は定期的に仕事で明石駅へ行くのですが「たまには肉が食べたい」ということで美味しいお店がないか探しました。そして発見しましたよ。

そのお店の名は「TOROROSSO(トロロッソ)」…ここのステーキ丼は絶品でしたね。

TOROROSSOのランチメニューの看板に魅せられて

美味しい肉料理を提供してくれるお店はありませんか〜と探索していると、とても魅力的な看板を発見しました。

その看板とは次の画像。

どうですか?めちゃくちゃ美味しそうでしょ。お店の前に立ててあった看板を見て「このお店に行ってみたい」と思いましたね。

ランチで830円は少し高いかな…とも思いましたが、ご飯が隠れるほどのステーキと中央に君臨している黄身に魅了されて「今日は奮発だ」と決意しました。

そうです…僕が注文したのはは「アメリカンステーキ丼」です。

TOROROSSOのアメリカンステーキ丼

実際に運ばれてきた「アメリカンステーキ丼」の画像は↑コチラ。

いやいや…肉のボリュームが半端なかったですよ。しかもめちゃくちゃ柔らかかった。ご飯が見えないくらいの肉が持ってありますよね。これで並盛830円は安いと思いましたね。

あと「しつこくない」のもGOODでしたね。

30代を超えて感じたことなんですが、肉料理を食べすぎると「オエッ」ってくるじゃないですか…きますよね?

だけどTOROROSSO(トロロッソ)のステーキ丼は赤身が多く、脂っこくないため「さっぱり」していて美味しかったです。

TOROROSSOのローストビーフ丼

連れが注文した「ローストビーフ丼」も紹介しますね。

ローストビーフ丼はアメリカンステーキ丼よりも更にヘルシーな感じでしたよ。連れは女性だったのですが「お肉が柔らかくて食べやすい」と言ってペロッと食べていましたね。

僕も少しだけもらって食べたのですが、個人的には「さっぱりしすぎて物足りない」という印象でした。ステーキ丼のほうが好きでしたね。

ただ連れの女性は「ステーキ丼も美味しかったけど、ローストビーフ丼のほうがさっぱりしていて美味しかった」と言っていました。

まぁ好みは人それぞれですよね。僕の感想としては、がっつり肉を感じたい人はアメリカンステーキ丼のほうが満足できるんじゃないかな。

TOROROSSOの場所

いかがでしたか?画像を見ただけで食べたくなりませんでしたか?きっと期待を裏切らずに満足させてもらえるはずですよ。

ということで「よしTOROROSSO(トロロッソ)へ行くぞ!」と思ってくれた人へ場所を紹介しますね。以下をご覧ください。

住所 兵庫県明石市東仲ノ町11−26 2F
お問い合わせ先 050-5890-9742
営業時間 11:30〜23:00(日・祝は22:30まで)

TOROROSSO(トロロッソ)は超絶おすすめです。ぜひ行ってみて欲しいですね。