Darumaの意見

【資産家とは】資産家になるにはどうしたらいいのかを考える

みなさんはお金持ちになりたいですか?

資産家って響き良いですよね。僕は資産家と呼ばれるくらいのお金持ちになりたい。

しかし「どれくらいのお金を持っていたら資産家と呼ばれるようになるのか?」「資産家になるにはどうしたらいいの?」って思いませんか。

疑問に思ったので、僕なりに資産家の定義や意味、そして資産家になるにはどうしたら良いのかを考えました。

資産家の仲間入りを果たすためには「目標の金額と方法」を明確にしなきゃいけません。

そしてその方法を実践して目標金額への到達を目指したいと思います。

この記事でわかること
  • 資産家とは?資産家の意味や定義
  • 世界の富裕層数ランキング
  • 一般人が資産家になるための投資法

資産家とは?資産家の意味や定義

資産家を辞書で調べると「財産を多く所有する人」と書いてあります。

そりゃそうだって感じですが、もっと具体的な金額を知りたいので、少し言葉を変えて「富裕層」で調べることにしました。

財産を多く所有する人といえば「富裕層」。富裕層の定義を調べると「100万ドル以上の投資可能資産を所有する世帯(RBCウェルス・マネジメントより)」とありました。

100万ドルは日本円で約1億円ですね。1億円以上の投資可能資産を所有していれば「富裕層」であり「資産家」と言えるのではないでしょうか。

ということで、資産家になるに「1億円」を目標として方法を考えます。

日本の富裕層数は世界2位

余談ですが、RBCウェルス・マネジメントが2015年に発表した世界の富裕層数ランキングによると、日本の富裕層数は世界2位で約245万人だそうです。

1位はアメリカで約435万人。3位はドイツで約114万人。4位は中国で約89万人。5位はイギリスで約55万人だそうです。

中国ってもっとお金持ちが多いと思っていましたが、意外と少なかったですね。

中国は全体的に裕福っていうか「一部の人たちがお金持ち」って「印象ですよね。貧富の差が日本よりも激しそう…。

資産家の生活は慎ましい。倹約が大切

資産家になれる人は収入が多い人と思いがちですが「必ずしも収入の多い人が資産家とは限らない」ということも理解しなければいけません。

もちろん収入が多いということは資産家になるための要素のひとつです。

でも収入が多くても支出が多ければ資産家にはなれません。

例えば1000万円の収入があっても、支出が1000万円あれば資産は築けません。

倹約を心がけ慎ましい生活を送ることも資産形成には必要なことです。

有名な投資家で世界の資産家ランキング3位(約608億ドル)のウォーレン・バフェットという人は「生活が慎ましい」ことで有名です。

資産形成には倹約が大事です。

以前となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則という本を読みましたが、この本の中でも倹約の重要性が説かれていました。

この本の中で「あなたは倹約家ですか?」「あなたの妻は倹約家ですか?」という質問があり、片方が浪費家の場合は「億万長者にはなれない」というフレーズがありました。

これは「本当に通りだ」と実生活の中で確信しています。

資産家になりたければ、まずは「資産家の生活は慎ましい」「倹約が大切」だということを肝に銘じておくことが大切です。

収入が多いと資産家へなる確率は高くなる

資産家になるためには倹約が大事です。いくら稼いでも、それ以上に支出してしまえばお金は残りませんからね。

ただ収入が多いことも資産家になるために大事な条件です。節約だけでなく収入を増やす努力もしていく必要があります。

先ほどウォーレン・バフェットは倹約家だという話をしましたが、同時に彼は「稼ぐ」ということにも長けた人物です。

ウォーレン・バフェットが富豪なのは「倹約したから」だけではなく「稼いだから」という事実も理解しておく必要があるでしょう。

さらに収入よりはるかに低い支出で生活するとお金が貯まる。すごく当たり前の話だけど実践するのは難しいですよね。なぜならば人間とは「欲の塊」だからです。

人間から欲を奪ってしまったら成長とか発展とかなくなってしまう。

「もっと良い暮らしがしたい」なんて思って頑張るから成長できる部分もあるし、みんなが物を買わなくなったら経済的にも困ってしまいますよね。

だから世の中はあの手この手で購買意欲を刺激してくるわけですよ。

そんななかで倹約を貫くのは相当なストレスです。

一度きりの人生を我慢して生きるよりも、楽しくストレスなく生きたい。そのために支出を大きく上回るくらい稼ぐということも考えたいですよね。

資産家になるためには投資が必要

収入を増やして支出を減らしてお金を貯めても、預け先が銀行だと資産は増えません。

銀行預金は低金利なのでお金は増えないですね。お金を増やし資産家になろうと思ったら「投資」をすることが必要です。

資産形成=(収入−支出)+(資産×運用利回り)ですね。

では運用はどのように行えば良いのでしょうか。

普通の人は「インデックスの投資信託でノーロード(手数料無料)の商品を選び、世界へ分散した積立投資」を行うほうが良いでしょう。

普通の人とは「一般サラリーマンの平均収入」くらいの人達のことです。

投資の神様と言われているバフェットのように「割安な銘柄を見つける」「安く買い・高く売る」ことができればもっと簡単に資産家になれるでしょう。

しかし残念ながら大多数の人達にはその才能がありません。

自分は投資に関して特別な才能がないと思うのであれば「インデックス投資で世界の経済成長に身を任せよう」と考えたほうが賢明です。

バフェットもインデックス投資を推奨している

先ほども話題にしましたが、投資の神様と言われているウォーレン・バフェットもインデックス投資を推奨しています。

「低コストのインデックス・ファンドは、投資家の大多数にとって、最も聡明な投資だ」

「常に低コストなインデックスファンドに投資すれば、同時に投資を始めた90%の人よりもよい結果を得るだろう」

「現金の10%を短期国債に、90%を非常に低コストのS&P500インデックスファンドに投資してください(VanguardのVFINXを推奨します)」

上記のコメントはバフェットの言葉です。

バフェット自身はインデックス投資を行っているわけではありませんが、「多くの投資家はインデックス投資を行ったほうが良いだろう」と言っています。

投資の神様が言うのだから間違いないですね。

資産家への道。最初の投資先はバランスファンド

僕は将来的に資産家になるべく、支出を減らす、収入を増やす、資産を運用するをテーマにアクションを開始しました。

僕の最初に購入した投資信託は「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド(以下セゾンBGF)」でした。

なぜならば「購入時手数料が無料&分配金再投資型」で全世界へ分散投資できる「バランスファンド」だったからです。

最初に積立購入したのがセゾンBGFで、その後には「つみたてNISA」でもバランスファンドを購入しています。

投資を始めたいけど「何を買ったら良いかわからない」ときは、自分の理想の「アセットアロケーション」と似ている「バランスファンド」を積立で購入すると良いでしょう。

アセットアロケーションは投資成果に大きな影響を及ぼします。バランスファンドは自分でアセットアロケーションを整える必要がないので、投資初心者にはおすすめですね。

アセットアロケーションが何のことかわからない人は下記の記事を参考にしてください。

https://grow-rich.me/769

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドのような投資信託は、初心者が買うにはとても良い商品はだと思います。

セゾンBGFのようにノーロード(購入時の手数料が無料)で、世界へ分散投資できるインデックスファンドを選ぶのがオススメです。

興味のある人は資料請求してみると良いですよ。送られてくる「目論見書」を読むとファンドの特徴が理解できます。

資料請求(無料)はこちら→【セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

セゾンBGFに関しては記事も書いているので参考にしてください。

https://grow-rich.me/890

資産家になるためには「稼いで節約して投資する」が大事

資産家になるためのポイントは以下の3つです。

資産家になるためのポイント
  1. 支出を減らす
  2. 収入を増やす
  3. 資産を運用する

毎月の収入の一部でポートフォリオ資産を購入し積み上げていく。

そうすることで20年後、30年後、きっと資産家への仲間入りを果たせることでしょう!