雑記

【1440分の使い方】朝の習慣を変えると生産性が高まり成功しやすい

どうもオキナカです。

1440分の使い方 ──成功者たちの時間管理15の秘訣を読んだのですが、一番印象に残ったのは『朝の習慣を変えると「生産性」が高まる』という部分ですね。

なぜ朝の習慣を変えると生産性が高まるのか?それは以下のような効果があるからです。

目覚めてから2時間が最も認知機能が高い

この認知機能が高い2時間を活かすことができれば「生産性」が高めり成功しやすいというのです。

例えば成功者は以下のようなことを習慣としているそうです。

  • 成功者のほとんどは早起きである。(午前6時以前に起きる)
  • 水をたくさん飲んで体を潤わせる。
  • 健康的な朝食を摂る。
  • 運動をする。
  • 瞑想や読書をしたり、日記をつけたりする人が多い。

成功したければ、これらの例を参考に自分なりの朝の習慣を作り上げたいところですね。

完全に目覚めてからの2時間が最も認知機能が高い

本に書いてあったことですが、デューク大学のダン・アリエリー教授(心理学・行動経済学)は、ほとんどの人は完全に目覚めてからの2時間が最も認知機能が高く、生産性が高まるとし、以下のように述べています。

人は一日の中で最も生産的な2時間を、たいして認知機能を要さないこと(ソーシャルメディアなど)に費やす傾向にある。これは実に残念な時間の使い方だ。この貴重な時間帯をきちんと活かすことができれば、ほとんどの人は、今よりもはるかにうまく本当の望みを達成できるというのに。

最も生産性や認知機能が高い「朝の時間」に何をするのか?このことが今後の目標達成に大きな影響を与えるのです。

ところが多くの人は「朝の時間」に生産的で認知機能を有するタスクを行っていません。

例えば「メールやSNSのチェックと返信」といった、すぐできる簡単なものからやろうとしてしまう。これでは「もったいない」というわけです。

まずはクリエイティブな仕事に取りかかれ、リアクションする仕事はその次だ(ジョナサン・ミリガン)

この言葉のように、リアクションは後回しにして、もっとクリエイティブなものに朝の時間を使うべきなのでしょう。

何が重要なタスクなのか?「優先順位」をつける

最も生産性や認知機能が高い「朝の時間」に何をするのか?

それは「最も重要でクリエイティブなタスク」でなければいけません。

自分が「それ」をやることで「何が成し遂げられるのか?」を考え、「朝の時間」に実践する。

僕の現在の一番重要なタスクは「月10万円以上を稼ぐ収入源を複数作る」ことです。そしてその収入源はブログ・アフィリエイトを考えています。

ブログ・アフィリエイトで稼ぐために「最も重要でクリエイティブなタスク」は「コンテンツ(記事)を作成」することでしょう。

だから僕の朝の習慣はコンテンツ作成に時間を割きたいと思います。

僕の「不可侵の120分」

最初の120分間に行うことはすべて習慣化(ルーティン化)しようと思います。

ルーティン化する内容は本に書いてあったことを参考にしながら決めました。

【習慣化(ルーティン化)する内容】
  1. プロテインシェイクと水を飲む(5分)
  2. 10分間のストレッチ(グリッドローラー)を行う
  3. エアロバイクを漕ぐ(15分)
  4. シャワーを浴びる(5分)
  5. コンテンツ作成を行う(85分)

まずは6時に起床しプロテインシェイクと水を飲み「栄養と水分補給」をします。その後に10分間のストレッチとエアロバイクを行い「身体をアクティブ」にする。

そして完全に目覚めた状態で「コンテンツ作成」を行います。

  • 成功者のほとんどは早起きである。(午前6時以前に起きる)
  • 水をたくさん飲んで体を潤わせる。
  • 健康的な朝食を摂る。
  • 運動をする。
  • 瞑想や読書をしたり、日記をつけたりする人が多い。

成功者の多くが実践している「朝の習慣」を僕もマネして「成功」を手に入れたいと思います。