オキナカの意見

人生は有限「自分の心の赴くままに生きてはならない理由など何一つない」

これまでに「命の大切さ」を感じたことはありますか?僕はあります…。

  • 高校生の頃に友人がバイク事故で亡くなったとき
  • 居眠り運転の車が車線を超えて突っ込んできて正面衝突してきたとき。※このときは奇跡的に全員が軽症。車は大破した
  • 先日、友人が癌で亡くなったとき

人はいつ死ぬかわからない…本当にそう思いますね。人生は有限である。今ある幸せが「この先も永遠と続く」とは限らない。

もしかしたら「1年後」「半年後」「1ヶ月後」…いや…「1時間後」には何か不測の事態が起き「今の幸せ」がなくなるかもしれない。

人生は有限である。だからこそ「今」を大切に生きたい…そう思ったのでこれからの人生「やりたいこと」と「やらないこと」を考えようを決心しました。

今日やることは本当にやりたいことなのか

2005年6月…アップルの創始者であるスティーブ・ジョブズはスタンフォード大学の卒業式に出席しスピーチを行いました。

そのときのスピーチ動画はコチラ。

このスピーチのなかで僕がもっとも印象に残っている言葉は以下の話。

私は17の時、こんなような言葉をどこかで読みました。確かこうです。

「来る日も来る日もこれが人生最後の日と思って生きるとしよう。そうすればいずれ必ず、間違いなくその通りになる日がくるだろう」

それは私にとって強烈な印象を与える言葉でした。そしてそれから現在に至るまで33年間、私は毎朝鏡を見て自分にこう問い掛けるのを日課としてきました。

「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか?」。それに対する答えが“NO”の日が幾日も続くと、そろそろ何かを変える必要があるなと、そう悟るわけです。

自分が死と隣り合わせにあることを忘れずに思うこと。これは私がこれまで人生を左右する重大な選択を迫られた時には常に、決断を下す最も大きな手掛かりとなってくれました。何故なら、ありとあらゆる物事はほとんど全て…外部からの期待の全て、己のプライドの全て、屈辱や挫折に対する恐怖の全て…こういったものは我々が死んだ瞬間に全て、きれいサッパリ消え去っていく以外ないものだからです。

そして後に残されるのは本当に大事なことだけ

自分もいつかは死ぬ。そのことを思い起こせば自分が何か失ってしまうんじゃないかという思考の落とし穴は回避できるし、これは私の知る限り最善の防御策です。

君たちはもう素っ裸なんです。自分の心の赴くまま生きてならない理由など、何一つない

このジョブズの言葉は「本当に大切なものは何なのか?」を考えさせてくれます。

  • 人はいつか死ぬ
  • 後に残されるのは本当に大切なことだけ
  • 自分の心の赴くままに生きてはならない理由など、何一つない

自分は「何のために」「何を感じながら」生きるのか?そのことを一度しっかりと考えたいと思いました。

自分は「何のために」「何を感じながら」生きるのか

自分は「必要なもの」「感じたいもの」を考えたら以下のようなことが頭に浮かびました。

  • 家族(妻や子供のために生きたい)
  • 共感や喜び
  • 同じ志をもった仲間

逆に自分にとって「必要ないもの」「感じたくないもの」は以下のようなこと。

  • 見栄を張るためだけのプライド
  • 恥や挫折に対する恐怖心
  • 怠惰な時間

今までの自分の働き方・概念は「より成果をあげて」「お金を稼ぐ」「承認される」「プライドを保つ」みたいなことが優先されていたように思います。

しかし外部からの「承認」や自分の欲求を満たすだけの「プライド」など必要ない、それよりも「家族との時間」「妻や子供の幸せ」を優先したい。

承認欲求を満たすために他者と競争し勝負するのではなく、同じ志をもった仲間たちと共感や喜びを感じながら生きていきたい…今はそういった思いのほうが強いです。

一度しっかりと自分の「アクション」を見つめ直すことが必要なのかもしれません。

  • 本当にやりたいこと、大切なものは何なのか?
  • もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか?

答えが“NO”の日が幾日も続くと、そろそろ何かを変える必要がある…「自分の心の赴くままに生きてはならない理由など、何一つない」のだから。